「靴はネットで買わない」という常識を破ってAmazonで靴を買ってみる

Amazonで靴買った
今まで見向きもしていなかったAmazonのファッションカテゴリで靴を買ってみたよ。

ネットで靴は買わないという常識

ついこの間こんなネットの記事を見ました。

ネット通販で「絶対買わないもの1位:靴」「絶対買うもの1位:本」 | 「マイナビウーマン」
「○○センチ」というサイズ表記だけでは自分に合うかどうか分からないので、と回答した人が圧倒的に多かったです。「甲高」「幅広」など、足の特徴は人それぞれですので、洋服よりも実際に試すことが重要なのですね …

そんなわけで靴はネットで絶対買わない1位だそうです。確かに靴は実際履いてみないとわからない。店頭で試しに履いても後になって「あれ?」なんて事もあるぐらいですし。

私も去年の夏にボートシューズというものを買いました。

ちゃんと店頭で試し履きはしたのですが、しばらく履いてみるとサイズ違いに気づいて、今では靴箱の肥やしに…。

ドラマ「俺のダンディズム」でも言ってましたが、日本人の靴の試着時間はだいたい5分程度で、海外では40分から50分ぐらいかけるとか。

確かに、もう少し時間をかけていればサイズ違いには気づけたはずですが、休日の混雑した靴売り場で50分も試着できるかと言えば無理ですよね。

Amazonならばゆっくり試せる

最近知ったのですが、Amazonって「靴」に関しては、試着したものでも30日以内だったら無料で返品できるのです。返品条件のページはよく読まないとわからないような書き方だけど、こんなページがあって試着OKアピールしてた。

Amazon.co.jp: 無料配送&30日間 返品送料0円! -服&ファッション小物、シューズ&バッグストア

こちらのサイトで紹介されていて知ることが出来ました。ありがたやー。

365日間返品無料のJavari、サイトを終了しAmazonに統合へ | Shopping Tribe
送料や返品などのルールは、Amazon.co.jpが「服&ファッション小物」「シューズ・バッグ」ストアを対象に行なっている「おうちで試着」に準ずる形となる。送料無料はそのままだが、返品が無料な期間が30日以内に変更となり、Javariがサービスを開始した当初のサービス水準に戻る形となる。 …

元々JavariというAmazon姉妹サイトで買うつもりだったのですが、Amazonと統合されるということで、返品ルールがどうなるかわからなかったのですが、こちらのサイトで解決しました。いや、ほんとありがたい。

さて、無料返品にはいくつか条件があります。ざっくり書くと…

  • 靴や梱包に傷がついたりしたらダメ
  • 試着は部屋の中だけで外で履いたらダメ
  • Amazonが販売、発送している物じゃ無きゃダメ
    • 商品ページで靴のサイズを選ぶとどこが販売しているか表示されるので必ず確認
  • 届いてから30日以内

…他にもいくつかありますが、間違ってマーケットプレイスのものを買わなければ、全然OKな内容。

返品前提でサイズ違いや色違いを気軽に買ってみる

靴底が既にはがれかけていたので、さっそく金曜日の会社帰りの電車の中からいくつかリストアップして買ってみました。

いくつか返品するつもりで買ってみたのは以下の5足。

マドラス、モデロの二足は同じ商品のサイズ違いです。

そう!返品する前提なので、サイズが合うか怪しい場合は、サイズ変えて同じ商品を頼んでしまえるのです。今回はやってませんが、色違いを試すことも出来ます。

じっくり試し履き

注文すると東京とかだと翌々日ぐらいには届きます。金曜日の夜に頼んで日曜の午前に届いた。Amazonプライムに入ってるともっと早いのかな?

でかい箱で来た!

でっかい箱に靴が詰め込まれてきたー。これはわくわくするな(笑)

箱から出してみる

丁寧に箱から出して並べてみるだけで楽しくなってくる。返品の為にどんな梱包になっていたか、どの箱にどの靴が入っていたかは写真撮って置いた方がいいかも。

気楽にスーツと合わせて確認できるのは嬉しい

今回、スーツ用のビジネスシューズを買ったのですが、やはりスーツと合わせて雰囲気見たいですよね。でも、休みに靴を買うだけの為にスーツを着て外出も面倒です。家ならばさっと着替えて試すことが出来るというのはもの凄く便利です。

あと、やっぱりじっくり履き心地を試すことが出来るのはいい!一時間半かけて、足にちゃんとフィットして、スーツと合わせていい雰囲気の靴を選ぶことが出来ましたよ!

返品

検討に検討を重ねて、今回は、マドラスとスコッチグレインという二足を買うことにしました。結構、高い物を買ってしまったなぁ。

返品プリントアウト

他の三足は返品するので、Amazonの注文履歴から返品を選んで、返す靴だけチェックをつけて返品用紙を印刷します。これを箱の中に入れておかないといけません。

途中で日本郵便の集荷サービスへの手続きがあるので忘れずに申し込んでおきましょう。デカい箱を宅急便まで持って行くの大変ですし。

Amazon で初めて返品手続きをしたら超簡単・超便利で驚いた。 | MacBook Air とWordPressでこうなった
返品 ID をプリントアウトして商品パッケージに同梱したら、日本郵政の「Amazon.co.jp返品専用集荷サービス」に連絡をすると、近所の郵便局員が、配送伝票(発送先、発送元など記入済み)を持ってき …

まだ、私は返品終わってませんが、伝票も郵便局員が印刷して持ってきてくれるので送り先書かなくても済むみたいですね。良かった。

クーポン使うと予想より少ない返金になる

今回、20%オフのクーポン使って買い物したのですが、クーポンを使う場合は気を止めておくことがあるようです。

Javariから返金、しかし騙された感があるのだよ | 男子風呂(ぐ)
結論から言うと、 「使用したクーポン分の金額が返品価格から減額される」ということです。 なにー!!! …

詳しくは「男子風呂(ぐ)」様のサイトを見て頂くとして、20%は商品毎に案分されて、返品するとも値引き後の金額で返金されるという事ですね。クーポン使わない時より損することはないとは思うのですが、予想より少ない返金になるかもしれないので注意ですね。

ついつい良い物を買ってしまうかも

しかし、こんなことやってて「Amazon、大丈夫なのかな?」なんて人ごとながら心配というか、どこかに落とし穴があるんじゃないかと疑ってしまったのですが、これ返品できるといっても一度購入したことになるので、あまり返品が遅くなると、クレジットで買った場合は一旦引き落としがされるんですね。

つまり、やたらめったら大量に取り寄せて試すということは現実的には出来ない。あくまで自分が支払いの責任取れる範囲でしかお試しはできないんですね。よく出来てます。

これまたうまいのが、返品出来ると思うとちょっとグレードがいいものとか、変わったものとかチョイスしてしまうんですね。で、ついつい高い物や余計な物を買ってしまうと(笑)。手にしてみるとやはり残しておきたくなりますからね。これまたうまいなと(笑)

しかし、店員や他の客の目を気にせずに、じっくり買い物ができるというのはかなり嬉しい。そして、いろんな靴を部屋に並べて履き比べるのはかなり贅沢です。セレブ感味わえます(笑)

Amazon以外にもマルイでも同じようなことをやってるようですし、ネットで靴を買うという新たな買い物の領域に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。

サンダルですら返品OKらしい↓

関連記事はCMの下をご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください