もはやモバイルデータ回線契約する意味あるの? Wi-Fレンタルが予想以上に使える!

小さくて持ち運びもし易そう

家のネット回線が「消失」してしまったので、一時しのぎと思って使いはじめた「Wi-Fiレンタル」が思いの外、普通に使えています。

Wi-Fi レンタルとは?

家のネットが「なくなった」場合の対処法 | A-tak-dot-com

上のリンクにあるようにちょっとした手違いで家のネット環境がロストしてしまったので、いろいろ暫定対策を調べているとWi-Fiレンタルというサービスがあることを知りました。

名前からすると街にあるWi-Fiスポットを利用できるようになるサービスのように思えますが、実際はLTE回線を使ったモバイルルーターを貸してくれるサービスです。

便利なのは回線契約もWi-Fiレンタルをやっている会社が結んでいるので、本当に使いたいときだけ借りればすぐにネット回線が手に入るというところでしょうか。

気になるお値段は

普通に借りると一ヶ月で7千円ぐらいになるようですが、価格.comのリンク経由で借りると34日間で5千円でした。光回線ほどの安定感はないにしろ、とりあえず回線引くまでの繋ぎを探していた自分としては、お手頃な値段でもってこいな感じ。

価格.com – 国内Wi-Fiレンタル料金・サービス比較

いろいろな会社が同様のサービスを展開しているようですが、私はWiFiレンタルどっとこむから借りる事にしました。

トップページ|WiFiレンタルどっとこむ

通信容量制限もなし!

お値段がお手頃というだけで本当に助かったんですが、驚く事に通信容量も制限無し!

別にオプション費用が必要というわけではなくて、さっきの機器レンタル5,000円程度で無制限なんですわ。どこかに落とし穴ないかと心配になったんだけど、なさそうなんだよな。

機種によっては7GBなどの上限があるものがあるのですが、私が借りたSoftbank Pocket WiFi 303ZTは無制限のプランが適用されるようです。

こうなってくるとWimaxとかPocket Wi-Fiを自分で契約して2年縛りを受ける意味ってどこにあるんだろ…。もっと長期間借りると費用が逆転していくものなのかな。

13時までなら当日発送、新宿東の事務所に直接取りに行くのもあり

ネットから借りたい機種を選んでクレジットカードを登録したら、あとは発送されるのを待つだけ。13時までの申込なら当日発送なので翌日には届きます。急いでいる人は電話して東新宿の事務所に行けば直接受け取れるみたいです(土日以外のAM11:00以降)。

空港での受取も出来るようで、家で受け取る暇が無くても旅行前の空港で受取り、旅行先でもモバイル使い放題なんてことも出来ますね。

届いた! 思ったより快適に使える

ポシェット付き

ポシェット付き

というわけで、さっそく届いた。こんな感じで専用のポーチに入って届く。充電用のアダプタとUSBケーブルも入ってる。持ち運びしやすくてなにげに助かりますね。

小さくて持ち運びもし易そう

小さくて持ち運びもし易そう

中はこんな感じ。なんかいろいろステッカー貼ってある。

タッチパネル式で操作は簡単。さっそくMacBook Pro with Retina displayにルーターに貼り付けてあるWi-Fiのパスワード入れるとすんなり接続できた。

速度を測ってみると、下りが平均5.79Mbps、最高で10.90Mbpsは出ている。緊急用としては充分な感じ。上りも12.23Mbps出てた。

東芝REGZA Z700X(4Kテレビ)も繋げた。やっとクラウド連携して普通に使える状態になった。驚いた事にNetflixの動画も普通に見れた。さすがにやり過ぎると無制限といいつつ怒られそうなので途中で止めたけど十分な速度出てる。

次はPS4なんだけどこれがとにかく繋がらなかった。結局、PS4再起動してやり直したらすんなり繋がった。どうもPS4はネットワーク環境が途中で変わるとおかしな事になる事が多い気がする。再起動すらフリーズして出来なかったから、強制的に電源切ってやり直しました。

iPhoneもiPadも特に問題なく接続。IRKitもApple TVも接続して、リモコンもAirPlayでの音楽再生環境も復帰。Eye-Fiも設定し写真がMacに同期されるようにもした。

同時接続14台なので一通り家のWi-Fi機器は繋げられます。

LAN接続しかない機器はあきらめざる得ませんが、一通り光回線が使えていたときの状態にほぼ戻りました。やったー。

宅内ネットも組める

このモバイルルーターは「http://web.setting」にアクセスすると詳細な設定画面に入れます。

デフォルトのパスワード「admin」でログインして、プライバシーフィルタをオフにすればWi-Fiに繋がっている機器間での通信も出来るようになるので、宅内ネットワークも構築可能です。これでIRkitも使えるし、AppleTVをiPhoneから操作することも、Macで再生している音楽をAirPlayでAppleTVに飛ばして音を鳴らすこともできます。

Wi-Fiの出力も最初は「最小」になっているので「最大」にすれば多少の障害物があっても接続が安定しそうです。

本当はTime CapsuleのWi-Fiネットワーク拡張機能が使えれば、LANもWi-Fiネットワークに組み込めるはずなんだけど、Time Capsuleが悪いのか、このモバイルルーターがWi-Fi ネットワーク拡張に対応していないのか出来ませんでした。

あと、設定で5GHzの高速無線も使えるのですが、PS4が2.4GHzにしか対応していないのであきらめました。PS4が5GHzに対応してないとは知らなかった。今まで有線でしかつないだことなかったからな。あとAppleTVは有線で接続しているとWi-Fiの設定が出てこないので、線を抜いて再起動する必要があります。

これで光回線開通までしのげる!

一時はどうなるかと思いましたが、Wi-Fiレンタルでなんとかなりそうです。なかなか私のように家の光回線を間違って解約しちゃったなんてことは起きないと思いますが、引っ越しなどで一時的にネットが使えないとかいう時に助かるのではないでしょうか。

そうそう、B.B.Exciteの再契約は前回既に光コンセント工事をしていたので、1万7千も掛からなくて手数料の3,000円で済むらしい。あー、良かった。早まってWimax契約しに行かなくて良かった。

関連記事はCMの下をご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA