macOS Hight SierraのパブリックベータがGM候補版にアップデートされない

20170102macbook pro 01

macOSのパブリックベータ向けにGM版が出たのでさっそくいれてみようかと思ったけど、あれ?ベータ版がインストーされたぞ!

どうやらそういうこともあるらしい

Updating to the High Sierra GM Candidate – The Mac Observer

どうも、ベータ版がインストールされてしまって、それからGM版にアップデートされない場合があるみたい。

上記のサイトでは以下のような手順でGM版にアップ出来ると書かれていた。

  1. 「アプリケーション」の中にある「Install macOS High Sierra Beta」をゴミ箱へ
  2. ゴミ箱を空にする
  3. 「macOS Public Beta Access Utility」をダウンロードロードして実行しMacを登録する
  4. 実行するとmacOS High Sierraのパブリックベータ版のダウンロードページに遷移する。でも、これが実際はGM候補版。
  5. ダウンロードしてインストール

これでいけるらしい。
今、インストーラーがダウンロード終わったので、今から試してみます。

[追記]無事アップ出来ました

🍎マークから「このMacについて」を選ぶと「10.13 Beta(17A362a)」と表示されるのですが、これがGM候補版のようです。
GM版だったらBetaって表示じゃないと思って何度もアップデートしてました。まだGM候補版だからBeta表記付きなのかな。

うちの環境の場合、アップデート直後はカスペルスキーが大暴走して激重になるのですが、しばらく放置したらまともにどうさするようになりました。

関連記事はCMの下をご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA