カテゴリー
雑記

クールジェルマットが予想外にクールだった(のは最初のうちだけだった)

ちょっと前だったか、季節外れの熱帯夜で眠れない夜があって、その流れで勢いで買ってしまった一品。

[2009.7.12追記]
冷たいのは最初だけ。
まさに、コメントのPDFの報告書通りで、朝には逆に熱を持ってしまい暑苦しい。
むしろ熱が逃げなくて寝苦しいかも。
買わない方が吉。
やっぱ、ゴザだよ。
[追記終わり]
わたしく、夏は、もっぱら「ゴザ派」でして、低反発マットレスの上だろうと構わず、ゴザを敷いてしまう感じでして、これを一枚引くだけで、それは格段の体感温度の差がありまして、テンピュールの体にフィットする感触に比べると、数倍、数十倍は寝苦しい夜も過ごしやすくなり、夏には欠かせない物だと思うわけですが、そのゴザも年月を重ねることで、ぼろぼろの様相を呈してきておりまして、ついには昨年の夏をもって完全崩壊に至ってしまったのです。

そして、東京ではあまり数が少ないホオムセンタアという所に足をのばした折に、「ひんやりなんとかパッド」のようなものを見つけまして、これがなかなかにその名の通り「ひんやり」しておりましたうえ、ネットで探してみました所、「ひんやりジェルパッド」やら「クウルジェルマット」やら、類似の冷たそうな名前のマットが多数ありましたので、その中でも、感覚的ではあるのですが、一番冷えそうな「クールジェルマット」と枕用の同じ物をセットで購入しまして、それが今日、ピンポンという音と共に佐川急便の爽やかなセエルスドライバアが送り届けてくれまして、さっそくベッドに敷いてみて、横になってみたのです、えぇ。

それで感想なのですが、予想よりも相当ひんやり感じまして、背中にマットがフィットして、フィットした背中からぐんぐんとマットが熱を奪い去っていくような感覚さえあり、朝方に試してみたのですが、むしろ寒いぐらいの効果がありましたので、これは良い買い物をしたと思ったのですが、これから夏本番に向けて気温が上がっていったときに、このようにひんやりしてくれるのでしょうか、いや、ここまでにはなってくれないのではないかとぬか喜びしてはならないと思いまして、あまり今の時分で手放しで持て囃すのもどうかと思いましたが、ここをごらんになられる皆様の参考になればと思い筆をとった次第なのです。

・・

・・・・

この文体は疲れた。 自分が買ったのは90cm×90cmで足下までマットがないので、ちょっとそこは失敗したかなと思う。寝苦しい夜って足も暑いもんね。 写真には枕用のマットが写ってませんが、枕カバーに隠れているからです。 夏本番でどれだけの効果があるかわからないけど、今の段階だと相当涼しくなる、というのが感想です。どういう仕組みなんだろな、これ。



この記事を書いた人: A-tak

A-tak.com(えいたっく どっとこむ)の管理人。
Apple野郎なおっさんでしたが、ちょっと最近のAppleには飽き気味。
A-tak.comは2002年2月から運営(前身のサイトは1999年3月から)。今年で18年目!

Youtube / Twitter / Mastodon / Facebook

コメントは受け付けていません。