ListViewItemのWidthがアプリケーション設定ファイルに保存されないのだが

NEMCHI2(C#2005)の通知ウィンドウの状態保存にアプリケーション設定ファイルが使えないかと試しているのだが、
なぜかフォームに貼り付けたListViewの列幅が保存されない。

続きを読む

ソフトウェアの品質のバラツキとは

前回は品質が良い、というのは、品質にバラツキがないことだよー、ということを書きました。
ここではソフトウェアにおける品質のバラツキとは何かを書いていきたいと思います。
続きを読む

関連記事はCMの下をご覧ください

C#のジェネリックってすげー便利

img43f09a6e7dd57[1].png

NEMCHI2は通知プラグインの読み込みもできた。

やってて気づいたけど、プロトコルプラグインと通知プラグインでは実装しているインターフェースが違うだけで、特定のインターフェースを持つDLLを検索するという動きは、まるで一緒。
どうにか共通化できないかと考えてみて、ジェネリッククラスが使えそうな気がしたので、調べて試してみたら、おおーこれはかなり便利。
[2007.4.7追記]
なんかうまく行く場合となぜか、T plugin = (T)obj;のところで物言わずメソッドを抜けてしまう場合があるみたいです。エラーも出ずに。やり方がまずいのだろうか。調査中。

続きを読む

モラルなんて渦に飲み込まれて消し飛んでしまうさ

これが現実。

やはり危機に瀕していたIT業界の「モラル」

「自分の経験上,モラル(責任感や倫理観)を維持したくてもできない時期があった。過酷な作業の中で,本来必須の作業すらこなせない。それが原因で問題が発生して非難されたとき,もう自分が悪いとは思わなかった」

XPで週40時間労働なんて言っても、いまだ世間のほとんどの開発会社はこんなものだと思う。変化を抱擁せよ、と言われても最初から話全然違うじゃん、みたいな。RFPの作成というのは本当に開発してるものとしてはお願いしたいところで、前々からこれを作るということが定着できれば顧客もシステム導入という事について真剣に考えてくれる(トップダウンだと現場はシステム導入を真剣に考えてくれないことが多い)・・・考えてくれると仕様のブレが少なくなる、レスポンスが良くなる、仕様に一貫性が出てくる、当然運用にもマッチしたシステムになるとか、お互いにとっていいことだらけなのですが、じゃRFP作ろう!とことはまず無く、システムに関してはシステム屋さんに丸投げ、「聞きたいことあったら聞いてね」と言ってくれればまだ良い方というのが現実です(下手すりゃ聞くことすら出来ないことも。それでどうやって作れっていうんだよ)。さらに悪いことに顧客内で考えがまとまってなくて、ある人に聞いて作ってたら他の人からこれじゃ困るなんて言われることも結構あったり。
お金をくれるお客さんに対して資料(RFP)作れ!というのも言いづらいのでしょうが、良いシステムを作る為と理解してもらいたいものだなぁと。
しかし、「レベル低い会社とつきあっているとレベルが低くなる」というのは、なかなか言いきりましたな。

 

NUnitを便利に使うテンプレートとコードスニペット

Visual Studio 2005でNUnitを便利に使うテンプレートとコード スニペットです。以下からダウンロードできます。

http://www.nagile.com/nuke/Default.aspx?tabid=60

テンプレートはダウンロードしたファイルをダブルクリックすると、VS2005の新規作成の画面でユニットテストのテンプレートが追加されます。以前に比べれば導入が、かなり楽ちん♪
コードスニペットは解凍してどっかに置いたら、[ツール]-[コード スニペット マネージャー]でフォルダを追加すれば良い。
「tc」と打って、タブを二回押すとテストケースのメソッドが出来ます。これまた楽ちん。

これだけ楽になれば今作っているツールはユニットテストちゃんとできるかな。今まで何回か挑戦してるけど、開発の途中から面倒でやめちゃうんですよね。