カテゴリー
雑記

タッチタイプができてもこれは難しい

clean-keyboard.jpg
年末パソコン周りは掃除してなかったので、キーボードのキートップを全部外して洗浄しました。
他の部分は汚れ・ヤニ取りスプレーで拭き取り。これがよく落ちる。
で、キートップを乾かして、ここはあえて勘で元の位置に一個ずつはめ直してみて、どれだけ正しくはめられるか挑戦してみた。

これが結構難しい。考えれば考えるほどわからなくなってくる。
これはまさに「体が覚えている」ってやつです。
普段の自分だったら、そんなの言ってるやつを見ると、何をかっこつけやがって(笑)みたいなことを思うのですが、頭を使って考え始めると場所がわからない。
実際にタイプして場所を確認しようとすると、思わず指が勝手に動いているんですが、なんでそこに指が移動しているかがわからないから、自信がない。でも、その位置で合ってるんですよ。不思議です。
脳にも二次キャッシュみたいなものがあるんですかね。わざわざメモリにアクセスしなくても、すぐさま情報を引き出せる記憶領域みたいなものが(笑)
さて、そんな脳の不思議を体験しながら、とりあえず全部キーを埋めてしまって、他のマシンのキーボード見ながら答え合わせしてみると・・・・
うーん、残念。スクロールロックとブレークキーが逆でした。
他は全問正解!やるじゃん俺、とか喜んでみる(暗)
しかし、自分が使ってるキーボードはエルゴノミクスタイプなので、割とキーの形に特徴があるから、ある程度それではめられたんだけどね(^_^;
キーボード以外にも時季はずれだけど、はやりのオレンジオイル配合の洗剤でレンジを大掃除してみました。冒頭のパソコン周りだけ掃除していないってのは嘘です。ほとんど掃除できてません。

Click Here!


で、オレンジクリーンですが、よく落ちますわ。
オレンジの香りが結構きついですけどね。
気をつけるべくは、こいつを電化製品に使わないこと。もろに液体タイプなので、いろんな隙間から洗剤が侵入してしまいます。
使うならクリームタイプのやつが吉でしょう。
自分はWillsonの汚れヤニクリーナーってやつを使いました。
これで、テレビの部屋とキーボード、レンジ、コンロは掃除終了。
あと、キッチンの掃除をしなくては。

この記事を書いた人: A-tak

A-tak.com(えいたっく どっとこむ)の管理人。
Apple野郎なおっさんでしたが、ちょっと最近のAppleには飽き気味。
A-tak.comは2002年2月から運営(前身のサイトは1999年3月から)。今年で18年目!

Youtube / Twitter / Mastodon / Facebook