PS4の良いところイマイチな所

光る!

何の写真やらと思いますよね。PS4って電源はいると上部のスリットが白く光るので、その写真です。ちなみにスタンバイだとオレンジになります。

さて、昨日やっとあらかたPS4触れたので、よかったことや、期待はずれだった事を書いていこうと思います。

本体がコンパクト

思ったより本体がコンパクト。うちには第二世代目ぐらいのPS3があるんですが、それより全然小さい。

人の肌の反射すらも表現する

かつて、ハイビジョンと言いながら、その半分の解像度しか出ていなかったハーフHDテレビってのがあったことを覚えてますか?

PS3もスペック的にはフルHDの出力が可能でしたが、性能の関係で、このハーフHDの解像度で映像を出力しているゲームが結構多かったのです。

パッケージに720pとしか書かれていないのはハーフHDです。1080pや1080iと書かれている物はフルHD出力しているらしいですが、たまには「そうなの?」って思うほどギザギザがわかるソフトもあったり。

PS4は処理能力が向上しているので、1080pに対応しているゲームが多いようです(全部?)。

あと処理能力が高いので凝った表現もできるようで、人の肌の微妙な反射とかも表現できるとか…。

西川善司の3Dゲームファンのための「プレイステーション 4」グラフィックス」講座(前編) (PS4世代のゲームグラフィックスはこうなる(2)~キャラクター表現品質が飛躍する) PS4のグラフィックス性能はPS3の8倍。PS4世代でゲームは数千万ポリゴン時代へ突入する!

これはデモなので、実際のゲームではここまでやると、スムーズに動かなくなるのかもしれませんが、いくつかゲームをプレイした感じだと、PS3よりはパッと見た感じワンランク上のグラフィックになっているように感じました。

全部ダウンロードしなくてもゲーム始められる

PS4ではディスクで販売されているゲームはオンラインでも購入できるようになるみたいです。これはついつい買ってしまいそうで、やばいですね(笑)

とはいえ、何十ギガもあるようなゲームをダウンロードするとなると、待ち時間もかなりのものになってしまう…と思うのですが、なんと全部ダウンロードが終わらなくてもゲームが始められるようになっています。

たとえば、ナックだと最初のステージぐらいをダウンロード終わるとプレイできる状態になり、ゲームをやっている間も裏では先のステージのダウンロードが続いています。タイトル画面にチャプター○までプレイ可能とか出てるんですよね。未来的だなぁ。

そのうちローカルにあるのはキャッシュだけで、必要なデータだけネットから落としてプレイする形になっていくのかもしれないですね。PS5ぐらいからかもしれないですけど。

60FPS対応じゃないゲーム多い

FPSというのはFrames Per Secondの事で一秒間にどれぐらい画面が書き換わってるかという値です。値が多いほどスムーズに動いているようには見える。

ファミコンは60FPSで、PS1時代からPS3までは逆に30FPSとかにダウンしています(ゲームによります)。ファミコン世代がPS1のファイナルファンタジー7プレイして、クラウドが敵に切りかかるアクションがコマ送りのように感じるのはそのせい。

FPSが落ちたのはゲームが3Dになった時点で、画面を一コマ動かす度に、複雑な3D計算をして画面表示をしなくてはいけなくなったため、60FPSを維持するのが難しくなったのが原因のようです。たしかに、一秒間に30回でも大変そう。

PS4になると処理性能も上がり、ソニーからも開発者に対して「1080pの60FPSでゲーム作って」というお願いもあったらしく、あの60FPSがまた帰ってくると思ったら、残念ながら割とPS4でも30FPS程度のゲームが多いようです。

これには正直失望という感じで、60FPSのスムーズな動きを見ると30FPSは本当に時代遅れな感じがしてしまいます。どうも、PS4で処理性能が良くなった分をリアリティーのある表現だったり、たくさんのキャラクターが同時に表示できるという方向につかってしまっているようです。

実際、プレイしてすぐに違いを感じることができるのは、止まっている時の画面の美しさより、動きのスムーズさなんですけどね…。

PS4の三国無双7は、PS3版よりも出てくる雑魚の数が数倍に増えていて、確かにワラワラ出てきて凄いんですが、動きは30FPSのぎこちなさ。処理が軽くなると60FPSになるようで、殆ど敵が画面に映っていないときは、もの凄くスムーズな動作になります。

一方、「竜が如く 維新」は常時60FPS。スムーズに画面が動いて、プレイしていて気持ちよい!

画面の美しさはイベントシーンだけでいいから、普段は60FPSの方を優先してゲーム作って欲しいですねぇ。とはいえども、30FPSの半分の時間で処理をさせないといけないわけだから、そこには大きな壁があるんだろうなぁ。

今からかな

今の所出ているゲームはPS3の焼き直しが多いです。PS3ではできなかったことをPS4で各社実験しているような、そんな感じがします。

今後、PS3でいうアンチャーテッドのようなハードを最大限に活かしたソフトが出てくれば、やっぱりPS4スゲーってことになりそうな気がします。今後に期待です。

PS4が来た!開封してみる | A-tak.com

広告の下にお勧め記事あります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください