Windows XPでフォルダとファイル個別のセキュリティーを使う

前回書いたWindows 2000のフォルダ毎のセキュリティーで、Windows XPではどこで設定するかわからんと書きましたが、やっと分かりました。

win_file_security.gif
エクスプローラーの[ツール]-[フォルダオプション]をたどると上の写真の「簡易ファイルの共有を使用する」というチェックがあるので、これをオフにします。
すると、Windows 2000のようにファイルやフォルダのプロパティーに「セキュリティー」のタブが表示され細かいセキュリティーをかけることが出来ます。
しかし、ヘルプのわかりやすいところに2000からの変更点は書いておいて欲しいもんだ。
そうそう、Windowsもファイル毎にセキュリティー権限が与えられるんだね。フォルダまでだと勘違いしてたよ。
このあたりのセキュリティーはまだ調査中なので、まだTipsは追加されるかも。