カテゴリー
ゲーム

ゼノサーガ エピソードII [善悪の彼岸]

アマゾンで、もの凄く評判の悪いゼノサーガ2ですが、一作目のゼノギアスからプレイしていて(今回シリーズ三作目)、続きが気になるので買ってしまいました。まだ二枚目を少しすぎたあたりですが感想を。
ディスク1までは、言うほどヒドくないじゃないか、と思ったのですが、ディスク1終盤あたりからゲーム的にどうかなという気がしてきました。

敵が強いですね。本格的な戦闘が始まるぐらいになってからは(最初はムービーとイベントだらけで、落ち着く間がありません)、雑魚にやられまくりで、油断すると誰かが倒れているという状況。基本的にターン制のゲームですが、あまりぼーっとしていると、敵がブースト(順番を割り込んで攻撃してくる)かけてくるので、急いで操作していると、HP低くなってるの見過ごして、誰かがバタリという感じ。メンバーチェンジは戦闘中出来るけど、倒れている人を引っ込ませることはできない。ちょっとイライラですね。
ドラクエとかは全滅してもやってきたことは無駄にならないけど、全滅したらセーブした所からやり直しってタイプのゲームはそこでやる気なくしちゃうから、せめて雑魚はもう少し弱めにお願いしたかった所ですね。
それでも突き進んで、ボスにたどり着くと暴力的な強さ。すぐにバタリバタリと倒れ、数少ないアイテムで復帰させてはまた倒れという感じで勝てません。
しょうがないので、またマップのスタート地点まで往復したら、レベルが上がって勝てるようになりましたけど、ストーリー重視のゲームにしては珍しく、割とレベル上げを意識しないと先に進めない感じですね。
スキルやコンボのシステムをフル活用してもレベルが低ければ勝てる気がしません。しかし、レベルを上げるとコンボだけで勝ててしまうのもなんだか。スキルの使いどころが正直よく分からないですね。スキル使うためのEPもみんな低めなので乱発できないし。
しかし、画面は綺麗。5.1chのサラウンドも迫力ありましたよ。これは本当に凄かった。音がヒュンヒュン飛び回る感じ。サラウンドシステムもってる人の特権ですな。演出もまぁ面白いけど、COS-MOSがバイクに乗って飛んでくるイベントは、見ててサムかったです・・・。他に人がいたらちょっと恥ずかしかったかも。あれほど鳥肌が立つほどサムい演出はは久しぶりです(ロボットが合体して、ジャキーン・・みたいなノリです)。ギャグにしては笑えないし。
ストーリーは相変わらず難解な感じで、神話を絡めたネーミングとか俺は結構好き。
予約特典のDVDがIのムービーダイジェストでこれが良くできてたし、かなりボリュームがあった。二時間ぐらいあるのではないかな。もうストーリーを忘れかけてたけど、これでなんとか復習できた。
言いたいことはいっぱいあるので、あとは箇条書きで。
* クラスポイントの使い方を間違えるといらつく。クラスポイントは敵を倒しても手に入らないことがほとんどなので、使い切ってしまうとスキルを成長させることが出来なくなる。あまり下手な使い方すると、しばらくスキルを成長させることが出来ない状況のキャラが出てきたりする。クラスドラッグとかでなんとか復旧できるけど、そんなに数があるわけではない。
* 音楽が日本ファルコムっぽくなった。いかにもゲームミュージックという感じ。シンセサイザーのKORGが関わってるからかな?
* キャラはエピソードIから変わりすぎ。
* ストーリーはやはり面白い。
* HDD対応が省かれてたのはもの凄く残念。FFもだけど続編で対応から外されるのは哀しい限り。工数のわりには効果が少ないのかな。
* 確かにセーブ時間は長いな。20秒ぐらい?
* 戦闘開始のSEがずれたり、画面効果がぎくしゃくしたり、なんだか無理してるっぽい。情報量が多いのかなとか思うけど、キャラはやけに小さくしか表示されないのだよね。謎です。
* ロードするとあらすじがでるのはうれしい。
* 敵は強いがレベル上げ好きにはいいかも。
* 攻撃で弱点を探るシステムはおもしろいかも?
* ミニゲームはちょっとしんどいな。おもしろさ的に。
とまあ、やはり全体的な評価は低くなってしまうのかなぁ。
1をやった人は気になると思うので、やってみてはどうですかね。

この記事を書いた人: A-tak

A-tak.com(えいたっく どっとこむ)の管理人。
Apple野郎なおっさんでしたが、ちょっと最近のAppleには飽き気味。
A-tak.comは2002年2月から運営(前身のサイトは1999年3月から)。今年で18年目!

Twitter
Mastodon
Facebook