カテゴリー
仕事

言葉遣いに気を遣う

外国人ではなく海外の方、外注さんではなく協力会社さん。
ちょっとした言葉遣いの違いだけど、誰もが気を悪くしないような話し方をするように気をつけたいもの。

といっても、最近自分は外に出てないのでそういう、細かい所にまったく気づかなくなってきていて、割と失礼な言葉遣いになってるんだろうなと思う。
営業やってたときは先輩にいろいろアドバイスもらってた。
先輩たちは本当に細かい所によく気づくのだ。
そして、その場でさらっと指摘する。素早い。雑談しているときでも気になるところがあったら、すぐさま注意。そうすると言葉を選んで落ち着いて話すようになってきて、相手が意味を理解できるかなどを考えながら話すようになった。
・・といっても最近じゃ、そんな感覚忘れちゃって、ぜんぜんだめですけどね(笑
つい最近、自分自身がひさびさにそういう指摘をもらったので、ちょっと書いてみた。

この記事を書いた人: A-tak

A-tak.com(えいたっく どっとこむ)の管理人。
Apple野郎なおっさんでしたが、ちょっと最近のAppleには飽き気味。
A-tak.comは2002年2月から運営(前身のサイトは1999年3月から)。今年で18年目!

Youtube / Twitter / Mastodon / Facebook