カテゴリー
ソフトウェア

auの着うたを自作する

前から情報は知っていたけどやってなくて、今回初挑戦。通称「えせ着うた」。

ツール類はこちらからゲットしてください。

自分はmmf形式にしました。qcqは確かに音が悪い。
iTunesに入れているコレクションから、いったんwav形式にして、Music Studio Standardで絶妙な位置でカット。15秒内にまとめないと音質が厳しいかも。
えせ着うたフロントエンド SMAF版を起動して、PENCKは150KBまでのmmfしか再生できないので、ファイルサイズを150KBに指定。
一応、曲のリズム取って何拍あるか数えて、バイブレーションとLEDの点滅回数も設定した。

作成したmmfファイルをSDカードの「PRIVATEAU_INOUT」にファイルをコピーして、PENCKに差し込む。
PENCKでメニューに「miniSD」というのがあるので、その中の「PCフォルダ」を開く。
コピーしたファイルがあるので、サブメニューを出して、「自動分類」を実行。miniSDの「サウンド」フォルダにコピーされるはず。

あとはminiSDのサウンドにコピーされたファイルを本体に移動して、着信音に登録すればOK!。
面倒ではあるけど、好きな曲が着信にできるのはいいね。

この記事を書いた人: A-tak

A-tak.com(えいたっく どっとこむ)の管理人。
Apple野郎なおっさんでしたが、ちょっと最近のAppleには飽き気味。
A-tak.comは2002年2月から運営(前身のサイトは1999年3月から)。今年で18年目!

Youtube / Twitter / Mastodon / Facebook