カテゴリー
Windows

Windows 2003の設定が出来ない男

そうさ、俺さ!

共有のワークグループ環境で運用しているファイルサーバーがguest有効であけっぴろげなんで、どうにかしないといけないかなと思い、どうやら「次回ログオン時にパスワードを設定する」にチェックすれば、ログインしたユーザー自身にパスワードを設定させて運用できそうだと思って、設定したのだが、なぜかログインできない人が発生。

自分はサーバーへの初回アクセス時にパスワード変更の問い合わせが出るのに、それが出ずにguestアカウントでログインしてしまっている。
ログオンし直しても、再起動し直しても一緒。

自分の認識では、ワークグループ環境のWindowsネットワークは、Windowsにログインしたときのユーザー名とパスワードで、サーバーにアクセスして、それがサーバーに登録してあるユーザーとパスワードと一致していなければ、ユーザーとパスワードの入力画面が出てくる、と思っていたし、実際いくつかのサーバーに設定したときもそのようになっていたのだけど、今回はどうやってもユーザーとパスワードの画面が出てこない。
Windows 2003 Serverだからなのか?
それとも、根本的に自分の認識が間違ってるのか。

結局、わからずじまいで今日は終了。
ちょっと合間にやるつもりの作業だったのに思いのほか手間取って、なんだかやな感じ。
というか、かなりやな感じ。

こんなのが続くと、何もやりたがらない人間になっていくのだろうな。
みなさん生暖かい目で見守ってください(笑)

あ、いま気づいたけど、他で設定してうまくいったサーバーはguestアカウント無効にしてた。
だから問い合わせが出てきてたのか?!

今回はguestはとりあえず有効のままなので、何かの原因で本来のユーザー名でのログインに失敗してguestでログインしてしまっているのか?
もしかすると、変なユーザーとパスワードが残ってて、それで自動的にサーバーにログインしようとしているのかも。
そんな設定がどこにあるかわからないけど。

思い切ってguest無効にしてしまった方がいいのかもな・・・。
一時的に無効にして、入れない人のマシンで再トライしてもらうかな・・・。

この記事を書いた人: A-tak

A-tak.com(えいたっく どっとこむ)の管理人。
Apple野郎なおっさんでしたが、ちょっと最近のAppleには飽き気味。
A-tak.comは2002年2月から運営(前身のサイトは1999年3月から)。今年で18年目!

Youtube / Twitter / Mastodon / Facebook

コメントは受け付けていません。