Parallels5.0にしてから?ATOKがおかしくなった

なんか、Parallels5.0にしてからParallels上のWindows XPにインストールしているATOK2007がおかしくなったっぽい。 今までキー設定で「かな」キーを押したら日本語入力ONになるようにしていたのに、なぜか利かなくなってしまっていた。 いっぽう日本語入力OFFに割り当てている英数キーは問題なく動く。 しょうがないので、英数キーを日本語入力ON/OFFのトグルにわりあてて、かなキーは使わないようにした。 キーボードがおかしくなったかと思ったけど、ATOKのキー設定画面で、「キーで検索」というのがあって、キーを押すとそのキーに割り当ててある設定を検索できる機能があるんだけど、ここではかなキーで検索できているので、キーが物理的におかしいわけでも、OSで認識されていないわけでもないんだよね。 ちょっと、操作感がウィンドウによって変わっちゃうので不便・・・・。

広告の下にお勧め記事あります!

1 thought on “Parallels5.0にしてから?ATOKがおかしくなった

  1. ピンバック: Parallels 5上のWindows7で英数を押してもIMEオフにならない場合がある | A-tak.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください