カテゴリー
Mac 仕事

MacでITのお仕事するのに便利なツールたち その2

画像は自前でがポリシーだったんですが、そろそろアイキャッチに使う画像ネタが足りなくなってきたA-takです。

前回に引き続きMacをお仕事に使うようになって便利に使っているツールとかご紹介です。

フルキーボードアクセスを有効にする

これはツールじゃなくてOSの設定なんですが、Macをガシガシキーボードで使っていく上ではやっといた方がいい設定。

Macの場合、削除の確認のダイアログとかで一見キー操作だけで「削除」をいきなり押せないように見えます。

削除にキーが届かないよ!

削除にフォーカスがいかないぜッ!

うっかりキーボード押してファイル削除しないようにという配慮なんでしょうが、いちいちマウスカーソル動かすのも面倒。

トラックパッド使っててもマウスカーソルというのだろうか? という、どうでもいい疑問も浮かびつつ、ともかくキーボードで操作したい!

WindowsならばTABキーとかでフォーカス移動してEnterでいけますからね。

Macでもシステム環境設定のキーボードから設定すればOKです。

すべてのコントロールゥゥ!

「すべてのコントロール」を選択。

これでいろんな要素にフォーカスが合うようになります。

ただ、Mailアプリのメール作成画面みたいにボタンとかが一杯あるアプリ使うとTABキー押す度にいろんな所に飛んで面倒になったりするデメリットもあるんですけどね。 

肝心のダイアログの操作ですが、こんな感じでうっすらブルーの枠に囲まれたボタンと、ブルー一色になったボタンが表示されるようになります。

うっすら枠が

うっすらと枠に囲まれている方は、スペースキーを押すと反応します。
この場合だと、スペースキー押すとSkitchのノートはゴミ箱へ捨てられるわけです。

ブルー一色の方はreturnキーを押すと反応します。
つまり今回の場合、キャンセルはreturnです。

水色の枠はTABキーで移動もできます。移動してスペース押せば、そのボタンが押されたことになります。

#これって大昔のオフコンの操作感だよね。  

よく使うFinderだからショートカットを 

ショートカットは書き始めるときりが無いので

http://support.apple.com/kb/HT1343?viewlocale=ja_JP&locale=ja_JP

↑このサポートページから便利そうなものを少しずつ覚えて使っていった方がいいでしょう。

自分がよく使うのは・・・

  • Finderで上のフォルダに戻るのはcommand + ↑
  • 下のフォルダに下ったりファイルを開のはcommand + ↓
  • ブラウザみたいに「戻る」のは command + [
  • ブラウザみたいに「進む」のは command + ]

 これがあるだけで、だいぶ素早くFinderを操作できます。

全然書き尽くせない

さすがに1年使っていると、いろいろネタが溜まっているので、なかなかすべては書き尽くせないですね。

また、次回書いてみようと思います。

この記事を書いた人: A-tak

A-tak.com(えいたっく どっとこむ)の管理人。
Apple野郎なおっさんでしたが、ちょっと最近のAppleには飽き気味。
A-tak.comは2002年2月から運営(前身のサイトは1999年3月から)。今年で18年目!

Youtube / Twitter / Mastodon / Facebook

コメントは受け付けていません。