カテゴリー
バッグ

ひらくPCバッグ用の缶バッジを作り直した

20121201can badge 2nd02

ひらくPCバッグ用に作った缶バッジですが、やっぱり画質の悪さが気になったので、作り直しました。

正直、最初に作った缶バッジは、見た瞬間「あぁーこれは無いなー」と思うほど画質が悪いものでした。 
それで、他の缶バッジ作成会社を探してみて、サンプル取り寄せて「これならOKかも」というところに再度注文し直してみました。

頼んだところは、SECONDPRESS.USという所。
以前調べたときもあったんですが、当時は50個からしか頼めなかったということで除外していたのですが、いつのまにか20個から頼めるようになっていました。

説明や写真を見る限りだと画質もなんとなく良さそう。
値段も一個¥49で他の所と変わらないどころか割と安い。
実際のサンプルも取り寄せてみたら、やはり綺麗。
やっぱり実物みないと駄目ですね。 

注文するときは素材の画像と、バッジの切り抜きのイメージを示すために円を描いた見本の二つが必要になります。

素材はこんなのを用意しました。
こちらは印刷のサイズに応じて解像度を高めに。 

 Design1

 

見本はPixelmatorで円を描いて作りました。

Design1 mihon

zipで固めてオーダー時にアップロード。
入金してから6営業日ぐらい で届く。どこもそれぐらいですが、実際待ってみるとなかなか長いですね(笑)

実際届いたバッジと前回作ったバッチを並べてみた。

20121201can badge 2nd03

右が今回頼んだバッジ。
前と同じじゃ、つまらないのでサイズも少しアップして、38mmにしました(前回は32mm)

差は歴然ですね。
解像度が明らかに違う。元の素材をちゃんと高解像度で作り込まないと粗がバレちゃいそうなぐらい高解像度ですな。
ロゴの透明感とかテカりもばっちり表現されていて、今回こそは満足! 
というか、最初からここに頼んでおけばよかった。 

色味は印刷を意識してないし、まともにモニタのキャリブレーションなんてしてないので、若干自分のイメージより暗い色になった感じですが、まぁ全然OKですね。

ひらくPCバッグにつけてみましょう。

20121201can badge 2nd01

おぉ、いいね。
でも、バッジのサイズは32mmがかわいらしいサイズでよかったかも(汗)
パンチング部分の1/3を占めるぐらいのサイズなので、ちょいと主張が強すぎるかな。 

20121201can badge 2nd04

今回頼んだSECONDPRESS.USですが、FacebookやTwitterでフォローすると割引クーポン貰えるみたいです。
先に知っていれば使ったのに・・・。

 でも、今回38mmを20個作って・・

  • 38mm缶バッジ 59円 x 20個 = 1,180円
  • 送料 890円
  • 合計 2,070円

・・という感じで、2千円ぐらいでなかなか高品質のオリジナルの缶バッジを作ることができたので、ネタとして、ひらくPCバッグカスタマイズの一品としてお遊びでやるには手頃かと思いますね。

 しかし、業者によってこんなに品質に差が出るとは思わなかった。
どうやらSOHO用に缶バッジ作製キットみたいなのも売ってるらしく、そうなるとあとはプリンタの性能とかによって変わってくるので、作るときは気をつけた方がいいなと思った。

この記事を書いた人: A-tak

A-tak.com(えいたっく どっとこむ)の管理人。
Apple野郎なおっさんでしたが、ちょっと最近のAppleには飽き気味。
A-tak.comは2002年2月から運営(前身のサイトは1999年3月から)。今年で18年目!

Youtube / Twitter / Mastodon / Facebook

コメントは受け付けていません。