OmniFocus 2 for MacのPro版のメリット

Omni pro

OmniFocus2 for Macですが、今回からStandard版とPro版の二つのバージョンが用意されました。違いをテスト版で見てみました。

トップの画像にあるとおりなんですが、Pro版だと…

  1. 独自のパースペクティブが作成できる
  2. フォルダやプロジェクトの「フォーカス」ができる
  3. AppleScriptが使える

というのが違いのようです。

2.は私にとっては必須項目ですので、間違いなくPro版にしますね。

今回、デフォルトで「レビュー用」のパースペクティブがありますので、場合によっては独自パースペクティブはいらないかもしれませんね。私は今日やるアクションにフラグをつけますが、フラグが付いているのに、まだ作業予測時間が記載されていないアクションを拾い出すパースペクティブを作って、左のバーに登録しています。

フォーカス機能は仕事とプライベートをフォルダ分けしているので、会社では仕事のみフォーカスしてプライベートは見えないようにしています。

AppleScriptは気にしていませんでしたが、アクションに入れた所要見積時間を合計してポモドーロ数を数えさせたりできると助かるな。

テスト版触った感じかなり良くなっているので、発売されたらさっそく購入します。ちなみにStandard版のアプリ内課金でProに移行できるようです。

OmniFocus 2 App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥4,000
※価格は記事作成時のものです

↓こらちはiPhone版

OmniFocus 2 for iPhone App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥2,000
※価格は記事作成時のものです

iPad版↓

OmniFocus for iPad App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥4,000
※価格は記事作成時のものです

広告の下にお勧め記事あります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください