バッテリーリセットをやってみてる

battery-maintenance.png

ThinkPad X41 Tabletを使っていると急にこんなメッセージが出てきた。

「バッテリーは、初期状態の満充電容量の46%を保持している状態です。ヘルプ・ボタンをクリックして、バッテリーの寿命を延ばすための情報を参照してください。」

なんのこっちゃ?
ヘルプをクリックしてみると、新しいバッテリーを買う為の画面に誘導されたりして、いやいや、まだ買い換えないぞ、とか思って見ていったら、どうも、バッテリーリセットをするといいらしい。
どうやってやるかは続きに。

続きを読む

ThinkPadでディスクが遅くなる不具合修正




5/12にいつのまにかアップデートがあったみたいです。
内容は

?(修)ハードディスクの転送モードがウルトラDMAモード5からPIOモード
に変わる為、速度が低下する問題に対応。
(本ドライバー導入時に、すでにPIOモードになっていたらウルトラDMA
モード5に戻します。)

ということで、ディスクが遅いとよく言われるX41 Tabletですが、もしかしたらこの不具合でやたら遅くなっている可能性があるかもしれませんね。
対象機種は
ThinkPad T43, T43p, R52, X41, X41 Tablet, X60s (マシン タイプ 2533/2534)だそうです。

ThinkPadX41の上位記種はOneNote搭載

レノボ、ThinkPad X41 Tabletに上位機種を追加──60GバイトHDD/Bluetoothを搭載
レノボジャパンは、B5コンバーチブル型タブレットPC「ThinkPad X41 Tablet」の上位モデルとして、60GバイトHDDとIEEE802.11b/g無線LAN/Bluetoothを標準搭載するモデル「1866- CZJ」を発売する。ダイレクト価格は26万1450円。

ThinkPad&Bs経由でしりました。管理人さんは精力的にThinkPad TBPに情報を発信されているで助かります。

さて、新しいThinkPad X41 Tabletですが、後継機種というより上位機種という扱いなのですね。
ポイントとしてはOneNoteが標準で付くようになったことでしょうか。
「最初からそうしておいてくれよー」というのが、別にパッケージで買った自分の正直な気持ちです。
情報をまとめるツールとしてはデスクトップでは「紙copi」でも良いですが、タブレットPCならば、せっかくだからOneNoteを入れた方が良いと自分は思います。
OneNoteに関しては過去に何回か書いているので、ここではこれ以上書きません。

しかし、X41Tの新機種って今のところいつも微妙な変更ばかりですね。旧機種ユーザーとしては悔しい思いをしなくてすむので良いのですけど、なんででしょうね。

#また、Invalid Sessionとかで一度書いた記事が消えちゃったよ。これXOOPSの問題なのかねぇ。

ThinkPad X41 Tabletで画面の向きが変わらなくなった!

今日、ThinkPad X41 Tabletで、タブレットスタイルにしても画面の向きが変わらなかった。
向きを変えるボタンを押すとエラー。
んー、どっかでこの現象見てるな、そうだ、Technoratiで「X41 tablet」で検索かけた結果で見たんだった。
探してみると、ありました。

http://tabletpc.comgate.jp/ | 画面の向きを変更できなくなった

ThinkPad X41 Tabletをタブレットスタイルにすると、普通は自動的に画面の向きが縦に切り替わる。
が、今日は切り替わらない・・あれ?
あまり気にせず、タブレットボタンで手動切り替えをしようとしたら、
エラー画面
「要求した設定はサポートされません。」ってなんのこと?
再起動したりしたけど、直らず。

まさにこれ。
そういや、昨日、きまぐれにソフトウェア導入支援を実行したらBIOSがアップされたっけな。しかし、このアップデートって定期的にやってくれないのかなーと思ったり。
まぁ、それはおいといて、解決としては、Videoドライバを一回削除して、入れ直せばいいということなので、消してみたらやたら画面が拡大されてしまって、スタートメニューのソフトウェア導入支援がはみだして選べないぃぃぃ
すかさずスタートボタンで右クリックall userで表示して起動できました。
再起動後、画面の向きが変わるようになりました。よかった・・・・。

・・・・とさきほどのページのコメント欄みたら、入れ直さなくても良い方法があるみたい。ディスプレイ設定で設定すればいいみたい。
気づかないよな、これは。