カテゴリー
開発

Visual Studio 2005が出るなー

まったく読んでいなかったC#メーリングリストのメールを眺めてたら、なんかプログラム作る気力が出てきた。
今度から、開発モチベーションが下がったらメーリングリストを見ることにしよう。
無償提供されるC# Express Editionで作ることにしようかな。
Click-OnceやAvalonなどの新しい技術にも興味はありますが、結局、大枚はたいて買ったVisual Studio .NET 2003 Proはあまりフル活用されなかったからなぁ。
作ったのは、NEMCHIとiArtworkと適当熊Webサービス版だけだったし。

そうそう、以前から気になってきたエディションごとの違いがここに記載されていた。
一覧表に簡単に書いてあるだけで具体的な所がよくわからないけど、箇条書きにすると・・
・ユーザーエクスペリエンスってのはなんだ?Avalonなどのことか?
・MSDN Libraryがついてこない?(スタンダードにはある)→オンラインでみればいいんだけどね。かわりにMSDN Expressとやらがついてくる
・クラス デザイナがない(スタンダードにはある)→ちょっと残念かな・・・。JUDEで別に書けばいいか。
・Click Onceもない(スタンダードにはある)→新バージョンはWebページで今まで通り公開かな。
・64 ビット コンパイラのサポート→64bitOS持ってるので、ちょっと残念だけど所詮軽いツールばかりなのでどうでもいい?
・Windows Server 2003 Developer Edition、SQL Server 2005 Developer Editionがない→たぶん使わないです。
・クラスライブラリはサポート→今までの入門バージョンに無かったもの。NEMCHIもそのまま移行できそう。
・Visual Source Safeには非対応→SubversionとAnkhsvn使ってるから問題ない。いや、Ankhsvnはまだ2005に対応していないかも。だとしてもTortoiseSVN使えばいいのですが。
こんな感じで、クラスライブラリがExpress Edtionでも使えるようになったので、自分が開発しているアプリはそのままExpressに移行できそう。
そういや、商用アプリとかはこれで作れるのだろうか?JBuilderのフリー版は確か商用アプリを作ることはライセンス違反だったと思う。
今のところフリーソフトしか公開してないから別に問題はないのですが、このあたりも気になりますね。

この記事を書いた人: A-tak

A-tak.com(えいたっく どっとこむ)の管理人。
Apple野郎なおっさんでしたが、ちょっと最近のAppleには飽き気味。
A-tak.comは2002年2月から運営(前身のサイトは1999年3月から)。今年で18年目!

Youtube / Twitter / Mastodon / Facebook