カテゴリー
ゲーム

ファイナルファンタジー12が酷評されている

ファイナルファンタジーXII 特典 FFXII/iTunes Custom Card付き
スクウェア・エニックス (2006/03/16)
売り上げランキング: 3,246

他のをクリアしてからにすればいいものをまたゲーム買ってしまった。

Amazonのレビューを見ましたが、なぜかやたらと酷評されてますね。
値段もやたらと下がってる。つい最近中古で五千円ぐらいで買ったけど、Amazonでかっておけば良かった。特典付きみたいだし。
自分的には、自由度が今までのFFより高くてゲームとしてはかなり面白いと思ってるんですけど、みんなと感覚が違うのかな(たぶん序盤なので後の方はどうなのかわからないけど)。

どうも酷評の理由を見ていくとストーリーがイマイチという人が多いようですね。確かに、ストーリーとかキャラクターに、なんとなく今までのシリーズほど魅力が無いような気はします。人間とは違う種族が共存していたり、戦闘機が飛び交うシーンがあったりでスターウォーズにかなり影響受けているのかな?と思いましたし。ただ、FFオンラインのような広がりのある世界は結構自分は好きなんですけどね。

今までのFFだと「どっかにいってなんとかを倒せ」みたいな目的があると、そこまでの道筋はまさに一本道だったのですが、今回はいくつかたどり着く道があって、どこを通って行ってもいいような感じになってます。たまにちょっと冒険心を出して、ストーリーとは関係ない地方をのぞきに行ってみると、到底太刀打ちできないような敵がうろうろしててダッシュで逃げ帰ったり、弱い敵しかいないかなーという地域でも、たまにやたらと巨大で強力なモンスターがうろついていたりするので、そういうのを見かけたら気づかれないように通り過ぎてみたり、もし見つかったらダッシュで逃げたりと、なんかFFオンラインを彷彿させるような、緊張感がいいですね。

たしかに今までのファイナルファンタジー10のような、映画的な展開を期待してると裏切られるかもしれませんが、視点ぐるぐる回しながら、のんびり、この世界観を味わうのが今回のFFの楽しみ方かと思いました。クリアしていないのでストーリーは評価できないけど、ゲームとしては面白いので一押し

この記事を書いた人: A-tak

A-tak.com(えいたっく どっとこむ)の管理人。
Apple野郎なおっさんでしたが、ちょっと最近のAppleには飽き気味。
A-tak.comは2002年2月から運営(前身のサイトは1999年3月から)。今年で18年目!

Youtube / Twitter / Mastodon / Facebook