カテゴリー
Wii

レビュー:リモコンを馬鹿にしていた俺がWiiを買っちゃったよ

Wii 

あんなボタンの少ないリモコンで、どうやってゲームするんだよ!と馬鹿にしていた俺がWiiを買ってしまったよ。

田舎なら普通に買える

最近、どこかしこでWiiがおもしろい、みたいな話がネットで広まってて、いろいろ見てるうちに、どうやらNintendo DSと同じく実際にさわってみないとわからない系のおもしろさのようだ、ということに気づき、GW暇だったのもあって、Wiiを買ってみようかどうしようか、という気になってました。

で、まずネットで下調べしてみると、楽天やAmazon でだいたい3万ぐらい。
「ソフトとか買うと4万ぐらいか、地元ではどうかな」と思って、国体道路沿いのヤマダ電機に行ってみると、あれれ、2万5千円となっている。
予想外の安さに、もう完全に買う気(笑)

どうやら、ネットでは品薄をいいことに、抱き合わせや、定価を上回る値段で売っているみたい。
Amazonのページをよく見ると、Amazon自体には在庫が無くマーケットプレイスと呼ばれる個人などが売りに出しているものの値段が表示されている。
個人はまだしも、楽天に出店している普通のお店も定価を上回る金額で平気に売ってる。
やれやれ。

で、自分はおそるおそるヤマダ電機でWiiの「お買い上げカード」をもってレジに行ったところ、普通に買うことが出来ました。定価で。
やっぱ熊本だからでしょうか。DSの時も何の苦もなく普通に買えたし。
田舎万歳。

軽い、小さい

さっそく、家に帰って設置。
接続は三色のAVケーブルと、センサーバーと電源アダプターの三つ。

Wiiの本体は本当に小さくて軽い。
しかし、電源アダプターが結構でかい。
本体の1/3ぐらいありそう。

センサーバーはテレビの上に両面テープで留めるようになっているけど、自分は実家に持って行ってみんなで遊ぶことを考えていたので、あえて留めずに置くだけにしました。

本体のデザインは今までの任天堂マシンらしからぬシンプルなもの。
アップルの製品みたい。
そのデザインと小ささで、すんなりテレビ周りにとけ込みます。

Wii Sportsがリアル

さっそく買ってきたWii Sports をやってみた。
リモコンを振っていろんなスポーツをやるゲームなんだけど、これがなかなかリアル。

リモコンの裏側にBボタンがついているのだけど、それを押しながらリモコンを後ろに振って、前に振りつつタイミング良くBボタンを放すとボールが転がっていく。
まさにボーリングの投球と同じ動作。
Bボタンを放すのが遅れると、ボールを放り投げてしまい、スムーズに転がっていかないし、リモコンをひねるとカーブも掛けられる。
微妙なタイミングや腕の振りでボールの転がりが変わるのは、本物のボウリングと一緒。
自分は左に曲がる癖があるから、前もって右寄りに立って投げようとか、そういう作戦もそのまま使える。
これはボタンなんかポチポチやってても体験できないWii独特のおもしろさや、わくわく感がある。

実家にWiiを持って帰って、家族みんなでボーリングをやったのだけど、誰かがストライクが出したら本当のボーリングの時みたいに思わず拍手しちゃうし、難しいスペアがとれたら、ついガッツポーズ(笑)
本当にボーリング場に行ってみんなで遊んでいるみたいな感じに自然になってしまうのはすごいゲーム機だと思う。

家族みんなでボーリングとかなかなか行かないけど、これだったらいつでも気軽に家族で遊べてしまう。
そもそも、60近い親と一緒にゲーム機で遊ぶなんて、今まで考えられなかったけど、Wiiだとまったく自然にできてしまう。
この敷居の低さというのは、すごいです。

誰でも遊べる

Wiiを持って行った日は、ボーリングやゴルフ大会で何時間も遊んでしまいました。
そして、次の日の朝、起きてくると驚いたことに、両親がWiiの電源を入れてゴルフ対戦をしているではないですか!

今までゲームなんて興味の無かった親に「ゲームをしよう」という気にさせたというところが、もう、ものすごいブレイクスルーです。
しかも、特に自分が横から教えなくても電源を入れてゲームを普通に始めることが出来てしまっている、わかりやすさ。

任天堂も、「ゲーム機を敵にしない」ということを考えて、家族みんなを巻き込むようなものを考えてWiiを作ったとインタビューに書いてありました。
そういう理想論的なものは、どんな商品でも大きく掲げるものですが、それがただの理想ではなくて、実際にそれを体験させてしまっているというのが、Wiiのすごいところだなと思います。

Wii Sports
Wii Sports

posted with amazlet on 07.05.09
任天堂 (2006/12/02)
売り上げランキング: 24
おすすめ度の平均: 4.0

4 アイデアは認める。
4 リモコンをフル活用!
5 Wiiだからこその楽しみがここに。

この記事を書いた人: A-tak

A-tak.com(えいたっく どっとこむ)の管理人。
Apple野郎なおっさんでしたが、ちょっと最近のAppleには飽き気味。
A-tak.comは2002年2月から運営(前身のサイトは1999年3月から)。今年で18年目!

Youtube / Twitter / Mastodon / Facebook

コメントは受け付けていません。