カテゴリー
写真

Optio E60で暗いと画像が荒れる理由

なんかIXY DIGITAL(初代)より暗い所での撮影でノイズが乗りやすいと思ったが、どうもISOというのが関係してるみたい。

暗い所でデジカメで写真撮ろうとすると、写真がぶれやすくなる。 これは、フィルムのカメラと一緒で暗い所では、長い時間シャッターを開放して、光をカメラに取り込まないと写らないから。 シャッターが開放されている間にカメラを動かしてしまうと、残像のように光が記録されぶれてしまう(ということだと思う、たぶん、おそらく)

そこで、Optio E60はどういうことをするかというと、フィルムの代わりに光を受けとるセンサーの感度を上げることで、短いシャッター開放の時間(これをシャッタースピードとかいうのか?)でも済むようになり、結果ブレがすくなるという寸法です。すごいですね。

ただし、この感度を上げてしまうとノイズが乗りやすくなるらしく、Optio E60だと一番感度が低いけど綺麗に撮れるISO100では全く問題なし、ISO200で暗い所でノイズが分かるようになり、それ以上なると結構厳しいなぁという感じになります。 どの感度で撮られたかは、Windows Live フォトギャラリーの「情報」で見ることが出来ます。 ちなみにIXY DIGITALはISOは利用不可になっていました。固定で100とかになってるのかな。

そんなわけで、自分は感度をオートから100に変えました。 ノイズはでなくなりました。よしよし。

この記事を書いた人: A-tak

A-tak.com(えいたっく どっとこむ)の管理人。
Apple野郎なおっさんでしたが、ちょっと最近のAppleには飽き気味。
A-tak.comは2002年2月から運営(前身のサイトは1999年3月から)。今年で18年目!

Youtube / Twitter / Mastodon / Facebook