カテゴリー
AV機器 Mac

Macの仮想環境でnasneの番組をダビングする

Vita便利だなぁ 

Boot Campなんかいらんかったんや!
Parallelsに入れたDiXiM BD Burner 2013でnasneに録画した番組をBlu-rayにダビングできました(ちゃんとダビング10に則した違法じゃないやり方だよ)。

[2013.9.1追記]
どうやら最新バージョンのDiXiM BD Burrner 2013ではうまく動作しなくなっているようです(バージョン1.0.12.0〜1.0.17.0で確認)。
具体的にはソフトを起動してもドライブ情報が「準備中」のまま変わらない。Windowsのサービスを見るとBD Burrnerのサービスが「開始中」のまま止まっている状況。
古いバージョンの1.0.9.0ではこの問題は起きませんが、nasneの新しいバージョンに対応していないようで、ムーブに失敗します。つまり、現在は私の環境でも、DiXiM BD Burrner 2013はnasneからムーブできない状態になってしまいました。

nasneの番組をブルーレイに残したい

地デジの高画質のままBlu-rayで残しておきたい番組もあるのですが、うちにはブルーレイ録画機がない!
これはPS3にTorneつけて録画している人も一緒だと思います。

そこで知ったのが DiXiM BD Burner 2013 。
DTCP-IP ムーブというのに対応しているのでnasneからダウンロードしながらブルーレイディスクにダビングできるとのこと。

ちゃんと地デジのダビング10に則ったソフトで違法ではない。
ソニーの協力も得ながらnasneに対応させているそうで、その点でも安心なわけです。 

Parallelsでもいけましたよ!

しかし、BD Burner はWindows用ソフト。
Macユーザーの自分としては、Parallelsに入れているWindows 8で動かしたい。 

以前のエントリーで仮想環境(Parallels Desktop 8 for Mac)ではDiXiM BD Burner 2013のDTCP-IPの鍵取得がうまくいかないというのをネットで見かけたと書きまして、初めはBoot Campで動かしていましたが、Boot Camp環境でも鍵が取得できない?!

なんのことはない。普通にできました。
というか、仮想環境でも普通に使えました。
ソフトメーカー保証外だから自己責任だし、今後のバージョンアップで出来なくなるかもしれないけどね。

鍵の取得には書き込みできるディスクのセットが必要

DTCP-IPの鍵は初回の書き込み前に行われるらしく、まずは書き込みを開始できる準備を整えないといけません。

初めは鍵情報の画面を見ても、AACSやCPRMは取得済みになっていても、DTCP-IPの所は未取得になっているはずです。
(AACSやCPRMも未取得ならば、そもそもネットワークに繋がっていません)

とりあえず既にフォーマット済みなディスクをセットするか、BD-Rなどのディスクを一度フォーマットして書き込み可能なディスクがセットされている状態にすれば、その時に鍵が取得できて、ダウンロードのタブが有効になるようです。

鍵が取得済みにッ!

BD Burnerでディスクを認識させると左下の「フォーマット開始」のボタンを押すとフォーマット出来ます。

フォーマットができないのであれば、BDドライブが仮想環境に認識されていないか、変なディスクを入れていると思われます。

というか、BD-Rディスクにフォーマットが必要だなんて知らなかった。

なぜか、たまにフォーマットにえらい時間がかかって失敗する場合もあるけど、ダビングは普通に出来たりする。

nasneからのダビングはダウンロードのタブ

ダウンロードタブが有効にッ!

 うまくいくと上にダウンロードのタブが表示されます。

nasneの録画情報がッ!

おー!
nasneに録画した番組が出てきた。
まとめてダビングする場合は、ダビングしたい順番にチェックをつけていくと、その順に並んでダビングされるらしいです。 

試しに録画時間30分ぐらいのジョジョの奇妙な冒険をダビングしたら10分ぐらいでおわったかな(正確には計ってないのでだいたいそんなもんというぐらいで)

BDAV再生に対応しているソフトが必要

ダビング終わって、Macの Mac Blu-ray Player 2 で再生してみたが、ディスクは読み込んでいるけど画面真っ暗で、再生位置を示すバーも動かない。

どうやら、nasneからダビングしたディスクはBDAVという形式で保存されているらしく、さっきのソフトはBDAVに対応していないらしい。

使いたいソフトがBDAVに対応しているかは確認しておかないとだめですね。

ちなみにPS3では普通に再生OKでした。
ちゃんと番組のタイトル入りで メニューに出てきたよ。

うまくできた環境

なんかうまく認識しなかったりした場合は、Blu-rayドライブを繋ぎ直したりとかでちょっと不安定な感じがあったので、うちでうまくいった環境も以下に書いておきますね。

本体

ドライブ

仮想環境ソフト

Parallels Desktop 8 for Mac (Build8.0.18354)

とりあえず今の最新版にアップした。

 

 

仮想環境OS

 

DiXiM BD Burner 2013

バージョン 1.0.9.0

↓パッケージ版

この記事を書いた人: A-tak

A-tak.com(えいたっく どっとこむ)の管理人。
Apple野郎なおっさんでしたが、ちょっと最近のAppleには飽き気味。
A-tak.comは2002年2月から運営(前身のサイトは1999年3月から)。今年で18年目!

Twitter
Mastodon
Facebook

「Macの仮想環境でnasneの番組をダビングする」への6件の返信

古いバージョンへダウングレード出来れば行けそうな気がするんですがね〜
これじゃあブルーレイドライブが宝の持ち腐れ・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください