Macの「マイファイル」は使える

マイファイルですよ

 今まで使ってなかったMacのLion以降で追加された「マイファイル」機能が結構便利な事に気づいた。

 これどんな機能かというと、最近使ったファイルを表示してくれるものなんですね。保存してある場所とか関係なく。

 さらにこれを右クリックして「内包しているフォルダを開く」を選ぶとそのファイルが置いてあるフォルダがどーんと開けるわけです。

これが便利!

 この右クリックしてフォルダが開けるのが便利。私なんかは、何かの資料を作成する場合、その最終成果物そのもののExcelやWordファイルがあって、同じフォルダに関連する資料とか画像とかも置いているわけです。作業をやりたいなと思ったら、最終成果物のExcelをマイファイルから右クリックで「内包しているフォルダを開く」をやるだけで、必要な資料が揃ったフォルダが表示できるんですよね。

 設定次第ではありますが、冒頭の写真のようにファイルの種類ごとに分かれて表示されるので単純に最近使ったファイルが順に表示されているより探しやすい。

 まぁ、デスクトップにフォルダのショートカット置いておくという昔ながらの手もありますが、デスクトップが散らかりますからね。