カテゴリー
ソフトウェア

Thunderbirdの迷惑メールフィルタはすごい

thunderbird.jpg
実家のパソコンにくる中国語スパムが相当な数になってるようなので、何か対策を考えていたのですが、フリーのメールソフトではMozilla Thunderbirdに学習型のスパムフィルターがついているというので、試してみました。

IMAP環境で試しました。
迷惑メールが来た場合は、メールを選んで上の迷惑メールボタンを押すと、マークを付けることが出来ます。Thunderbirdはマークがついたメールに出てくる単語の特徴などを学習していって、迷惑メールの判断に使います。
(設定次第では、マークを付けたと同時に迷惑メールフォルダに移動するようにしたりも出来ます。)
試しにゴミ箱にいっぱい溜まってた迷惑メールにいくつかマークを付けて、迷惑メール判定をやると、すごい!他のスパムもしっかり判定されます。
こういう学習型フィルターで気になるのは、スパムではないメールがスパムと判定されてしまう、「誤検知」ですが、なかなか賢いフィルタのようで、一つも間違いなく、しかももれなくスパムを判定してくれました。
うちはbsfilterでサーバー側でスパムを処理するようにしてしまったし、Beckyの方が使いやすいので、必要ないけどスパムにお困りの人にはお勧めですね。
NEMCHIにもこういうフィルタがつけられればいいんだが、作るの難しそうだよな。
ベイジアンフィルタというらしいけど、原理を見る限りでは、まず日本語の単語の区切りを認識できないとダメだと思うので、おそらく分かち書きできないとダメだと思うんだよね。それは前回のを使ってということになるのだろうけど、メールチェッカーがインデックスサービスを利用するというのもどうかと・・。
なにかうまい方法があればいいんですけどね。

この記事を書いた人: A-tak

A-tak.com(えいたっく どっとこむ)の管理人。
Apple野郎なおっさんでしたが、ちょっと最近のAppleには飽き気味。
A-tak.comは2002年2月から運営(前身のサイトは1999年3月から)。今年で18年目!

Twitter
Mastodon
Facebook

コメントは受け付けていません。