X-Spam: Not DetectedというヘッダのメールがSpamAssassinを通り抜けてくる

最近やたらとスパムメールがSpamAssassinのフィルタを抜けて受信箱に来だしたのでおかしいと思って、メールヘッダを見てみるとX-Spam: Not Detectedとか入ってる。なんじゃ、こりゃ?

調べてみると、このヘッダがあるとスパムフィルターを抜けて入ってきてしまうらしい。抜けてきても見ないってのに、なんで送ってくるのだろうか。タイトルだけで即削除ですよ。

さて、/etc/procmailrcの中を見てみると、

:0fw
*!^X-Spam.*
|/usr/bin/spamc

こんなのがある。

「:0fw」がフラグで、から始まるのが条件(正規表現)、から始まらないのが、条件に合致したときに行われるアクションみたいです。このあたりの設定は、こちらで勉強させてもらいました。

で、これを見ると既に行頭にX-Spamヘッダが付いていなかったら、Spamassassinにメールを渡すようになっているようです。既にスパムフィルターがはたらいているメールアドレスがあって、そこから転送するような設定をしている場合、二度メールをチェックするのはムダだ、ということでこのような設定になっているのでしょう。たぶん。

というわけで、この条件を削除して全部Spamassassinに送り込むように設定してみました。単純に条件の行を削除すれば全部Spamassassinに流れるようになるみたいです。一応、特に問題はなさそうです。自前ドメインの他のアドレスやGMailなども転送してくるようにしていますが、これも大丈夫そう。