カテゴリー
ショッピング

ネットショッピングってキャンセルできないところもあるのね

livedoorデパートなんですけどね。

この前VectorからもらったBitcashを使おうと思って、使えるところといったらlivedoorデパートぐらいしかなかったので、そこで使おうと思ったのですよ。
ところが、まずBitcashで決済できるできないというのは売ってるショップによって違うみたいなんですね。
いろいろ探してみてlivedoorブックスならばBitcashが使えそうなので、BitcashのIDを入れて決済すると、なぜかBitcashが決済できません。カード種別と番号を確認してください、というメッセージが出たわけです。

よくわからんのでいろいろ探してみるとlivedoorウォレットにBitcashをチャージできるようなことが書いてあるので、いったんチャージをしてみました。
チャージ残高が増えたので、OKと思ったけど残高が足りないからか先に進めない。

ここから、おいらの勘違いなんだけど、足りない分はクレジットカードで払わないとだめなんだろうと思って、ウォレットにカードを登録。
で、やっと買い物かごに「ウォレット」という表示が出てきたので、それで決済するが、どうもチャージした金額を使わずに全部クレジットで決済しているっぽい。

しかも、注文完了画面に「キャンセルできません」とか書いてある

そりゃ、その前のどっかに書いてあったと思うのですが、Amazonとか楽天は間違った場合なんかにすぐキャンセルできるから、そのつもりでやってたのだけど、livedoorデパートは違ったのね。

よくよく調べてみると、Bitcashをチャージして決済する場合は「ウォレットチャージ」から決済を選ぶようにしなくてはいけなくて、「ウォレット」というのはクレジットカード決済のことらしい。

そして、ウォレットチャージは残高を超える買い物はできなくて、残高が足りない場合は、決済方法の選択肢にすら出てこないという仕組みらしい。
てっきり、チャージで足りない場合、残りはカードでの支払いになる、つまりチャージをポイントのようにとらえていたのが間違いの元でした。
Edyとか普段から使ってる人にとっては、当たり前のことなんかね、こんなこと。

一応、キャンセルしたい旨は伝えたけど、聞き入れられないんだろうな。
紛らわしいので名前変えてくれないかな。ウォレットとウォレットチャージじゃなくて、「ウォレット」と単純に「チャージ」にすればいいのに。
あと、キャンセルが効かないというのは、相当に痛いね。
Amazonで気軽に買い物できるのは、間違った操作しても発送前であればキャンセルできるというのが大きいしね。

結局、ライブドアでしか使えないウォレットチャージに3,000円入ってしまったので、livedoorデパートで何かまた買い物することになるけど、今後はたぶん使わないかな・・・。
チャージ金額以下の決済しかできないから、中途半端に金額残りそうなのもいやだなぁ。まぁ、授業料だと思って諦めますか。

[2007.3.4追記]
なんと、キャンセルを受け付けてくれました。
でも、今回限りですって(汗)
livedoorって効率至上主義で割とドライに対応するようなイメージを持っていたので、断られると思っていたのですが意外でした。

この記事を書いた人: A-tak

A-tak.com(えいたっく どっとこむ)の管理人。
Apple野郎なおっさんでしたが、ちょっと最近のAppleには飽き気味。
A-tak.comは2002年2月から運営(前身のサイトは1999年3月から)。今年で18年目!

Youtube / Twitter / Mastodon / Facebook