カテゴリー
Linux

Outbound Port 25 Blocking対策失敗

最近、各プロバイダが実施しているOutbound Port 25 Blocking。そのあおりを受けてa-tak.comから一部のプロバイダへメールが送れなくなってしまいました。

これの解決策としては、プロバイダが用意しているsmtpサーバーを使用しろということなんですが、これがなかなかうまくいかない。

こちらのページを参考にSubmission Port(587)を使ってメールを転送するように設定したのですが、送られるメールのヘッダがよろしくない。
yahooBBの場合、思いっきりプロバイダのメールアカウントが入っちゃっているのです。あまり使ってはいないのだけど、プロバイダのメールアドレスはあちこちに知らせたくない。

と、調べていくとYahooBB会員は他にもいくつかメールアドレスを取得できるらしい。YahooIDを作ってそいつを追加登録指定するような感じでやるようなので、そのようにやってみた。

結果としてはこいつも駄目。
問題だったメールのヘッダーは追加したアドレスの物に変わり、プロバイダのメールアカウントは知れ渡らないようになった。しかし、追加メールアドレスの場合、メールのFromが追加したアドレスと一致していないと送信拒否されてしまうのだな。プロバイダのアカウントでSMTP認証してメール送信する場合は、Fromがa-tak.comでも問題なく送信できるのに。おしい。ていうか、なんて不便な世の中になったんだろう。

あと、試すとしたらSMTP-AUTHではなくて、POP before SMTPでやると、もしかしたらメールのヘッダにアドレスが入らないんじゃないか?というのと、a-tak.comからのメールのFromはYahooメールのアドレスにしてしまうか。

後者だと、XOOPSとかが送るメールだけじゃなくて、普通のメールもyahooのアドレスになってしまうので、ちょっとあんまりな気がする。

あと、他のプロバイダに乗り換えてしまうのも手だけど、それも面倒だ。ああ、なんて不便なんだ。

この記事を書いた人: A-tak

A-tak.com(えいたっく どっとこむ)の管理人。
Apple野郎なおっさんでしたが、ちょっと最近のAppleには飽き気味。
A-tak.comは2002年2月から運営(前身のサイトは1999年3月から)。今年で18年目!

Youtube / Twitter / Mastodon / Facebook

コメントは受け付けていません。