カテゴリー
Linux

プロバイダを変えるか、入り直すか? Outbound Port 25 Blocking

Outbound Port 25 Blocking(OP25B)によって、a-tak.comから一部のプロバイダへメールが流れないという問題。
どうも駄目っぽい。
[追記]
YahooIDが漏洩する件は対策がわかりました。

何が問題か

前回も書いたように問題はPort587を使ったSMTP-AUTHでのメール送信だと、メールヘッダにプロバイダのメールアカウントが入ってしまうこと。

他のプロバイダではこれでもそこまで問題ないんだと思います。
普通のプロバイダは、メールアカウントは不規則な記号みたいなもので、メールアドレスとは別になっているだろうから。
ただ、YahooBBの場合は、これがメールのアドレスと一緒なんですね。もっというとYahooIDなんですね。
ということは、そのYahooIDで掲示板に書き込みしてたり、オークションで買い物とかしてたら、そんなのが全部ばれちゃうわけですよ。
ある意味個人情報をばらまいているといっても過言ではない。
人から頼まれたりしてYahooBBで契約しているYahooIDを使ってオークションであんなものやこんなものを買ったことあるからなぁ。あまりそういうの知られるのは嫌だ。

YahooBBへ質問

で、前回の記事のあと、YahooBBに問い合わせたところPOP before SMTPでいけば、ヘッダにYahooIDは入らないとの返答。
さっそくやってみたが・・・うん、確かにYahooIDは入らなくなった。でも、メールのFromがYahooBBのアドレスじゃないとメールが送れない・・・。
つまり、Fromをa-tak.comにできない。
だめじゃん!

一応、SMTP-AUTHでヘッダにYahooIDを入れるのは、良くないんじゃないかという旨のメールを送ったけど、たぶん変えてはくれないだろうな。ヘッダにIDを入れているのは会員がSPAM発信した場合に、メールのヘッダから簡単に会員を特定できるようにするためなんでしょうね。
でもさ、それならYahooIDとは別の会員番号みたいなのを埋め込めばいいわけでさ、なにもYahooIDをいれることはないと思うのだけどねぇ・・・

YahooBBで自宅サーバーのOutbount Port 25 Blocking対策

そんなわけで、とるべき手段が絞られてきました。一個ずつ案を出してみる。
あ、当然YahooBBに契約したYahooIDが知られてもいいとかいう人だったら、こんなことせずにSMTP-AUTHすればいいですよ。

メールのFromをYahooのものにする

いきなり、かなりの妥協策ですが、a-tak.comドメインのメールはあきらめて、Yahooで追加アドレスをとってメーラーのFromにもそれを指定してしまう、という対策。

YahooBBには新規にYahooIDを取得して、それを自分の追加アドレスとして使う機能があるので、そのアドレスを差出人に指定して、SMTP-AUTHすればメールは送ることが出来ます。追加アドレスに関してはSMTP-AUTHしても、追加アドレスのアカウントがヘッダに入るだけなので、元々のアカウントは公開しなくてもすみます。

a-tak.comのアドレスをFromに使えないのは残念だけど、一番手っ取り早い対策だったりします。

YahooBBをいったん解約する

YahooBBを解約して、別のプロバイダに乗り換えるという方法。当然、下調べはいろいろと必要です。以下の条件が必要です。

  • Fromがプロバイダから提供されているメールアドレス以外でも配信してくれるか?
  • (できれば)SMTP-AUTHに対応しているか

POP beofore SMTPにしか対応していない場合は、定期的にPOPアクセスするようなバッチが別途必要になって面倒なので、SMTP-AUTHがあることが望ましいです。

別のプロバイダじゃなくても、YahooBBに新規のアカウントで入会して、そのIDではオークションとかやらないようにするというのも手です。当然、そのIDのメールは公開されているも同然なのでプライベートで一般には公開しないアドレスとしては使えません。

この際だから、光回線にアップグレードするのも手かな・・・

固定IPサービスを使う

固定IPだとOP25Bの対象にはならないことが多いそうです。そもそも、メールサーバーなんだから固定であるのが望ましいのでしょうけどね。
YahooBBでは固定IPサービスがないので、結局他のプロバイダに移行することになるでしょう。

ホスティングにする

究極の割り切りですが、メールサーバーは信頼性が大事なので良いチョイスかもしれません。費用がかかるのと、いろいろ好き勝手にできないのがデメリットですが、メールーサーバーだけホスティングとかでもいいかも。どうやるかわからんけど。

どれも決め手にかける

どの方法も一長一短で悩みどころです。しかし、いつまでも放っておくわけにもいかない問題で、今年中にはほとんどのプロバイダがこのOP25Bを行うらしいので、この問題も今年中にはなにかしないといけないのです。

今後もメールの制限は厳しい方向に向かっていくと思うので、ちゃんと対応してくれるホスティング会社への委託が、後々の面倒を考えると良いのかもしれません。
まったくインターネットを悪用する人達のおかげで、インターネットの世界も制限ばかりで面倒になってきましたね。

この記事を書いた人: A-tak

A-tak.com(えいたっく どっとこむ)の管理人。
Apple野郎なおっさんでしたが、ちょっと最近のAppleには飽き気味。
A-tak.comは2002年2月から運営(前身のサイトは1999年3月から)。今年で18年目!

Youtube / Twitter / Mastodon / Facebook

コメントは受け付けていません。