カテゴリー
Windows

[iTunes Library] ファイルを保存できません。十分なアクセス権がないので、この操作を実行できません。

iTunes

VistaでiTunesを使っていると、曲を再生して十数秒後ぐらいに、突然、

[iTunes Library] ファイルを保存できません。十分なアクセス権がないので、この操作を実行できません。

こんなメッセージが出始める時がある。
一応、ログインしているユーザーにフルアクセス権限を与えているはずなんだが・・。

思い当たる点としては、XPとデュアルブート環境で使用しているということ。
よくよく思い出してみると、XPでiTunesを使った後に、このエラーが発生することが多い・・・ような気がする。

今一度セキュリティーを見直すと、iTunesフォルダの所有者がわけのわからん数字の羅列のユーザー名になっている。
元々XPで作成したiTunesのライブラリだから、XPのユーザーが所有者になっているのだろう。

XP側で問題が起きるかもしれないけど、とりあえず所有者をVistaのユーザーに置き換えた。
エクスプローラーでミュージックフォルダのiTunesのプロパティーから、[セキュリティー]-[詳細設定]-[所有者]-[編集]で、ログインしているユーザーを選んで、「サブコンテナとオブジェクトの所有者を置き換える」にチェック入れて、[OK]で終了。

iTunesを起動して再生してみるがエラーは出なくなった。
XPで動かしたら、今度はそっちで問題起きるかもしれないけど・・・。

話変わるけど、Vistaってファイルのプロパティーウィンドウも、タスクバーに表示されるようになったんだね。
今までファイルのプロパティーを出しても、他のウィンドウの後ろに隠れてしまって、他のウィンドウ最小化しないといけなかったからな。
この前のファイル名変更といい、細かいところでユーザビリティーがあがってるなぁ。

この記事を書いた人: A-tak

A-tak.com(えいたっく どっとこむ)の管理人。
Apple野郎なおっさんでしたが、ちょっと最近のAppleには飽き気味。
A-tak.comは2002年2月から運営(前身のサイトは1999年3月から)。今年で18年目!

Youtube / Twitter / Mastodon / Facebook