カテゴリー
コンピュータ

Terastationを修理に出した(送料はユーザー負担)

バッファロー (2007/03/05)
売り上げランキング: 1226

なんか納得いかねえ。

一ヶ月で壊れたTerastationですが、バッファローに問い合わせたところ、機械の故障かもしれないので修理センターに送ってくれとのこと。データの消去も、Webからの修理受付で、「データ消去に同意する」のところで「同意しません」とすれば、データは消さず、消す必要がある場合は、消さずに返却するとのこと。

たしかに、最後の修理依頼票を印刷するページではそんな説明が書いてある。
しかしこのページまでは、そんなこと一言も書いて無くて、データは消去するの一点張り。
原則消去なんだろうが、意味ないでしょこんなの隠蔽しても。
ユーザーがあきらめてくれればラッキーみたいな感じなのか?

で、一番納得いかないのが、これ

2-3.修理を申込む・送付する | 製品送付方法

  • 送料 ・製品をお客様より弊社にお送り頂く際の送料は元払いにてご負担をお願い致します。
  • 製品を弊社よりお客様にお送りする際の送料は弊社にて負担致します。 

送料は客負担だとぉぉぉ?。
一ヶ月で壊れたあげく、さらに余計な出費をさせようってのか。
しかも、割とでかいから、宅急便で1,000円もした。
たかが1,000円かもしれないが、まったくなんの身にもならない無駄な1,000円の出費というのは、なんか徒労感に似たものを感じてしまう。
まったくの丸損だからね。
なんか、あれだ、本屋に行ったらマンガの新しい巻が山積みされて置いてあったので、買ったらどうやらだいぶ前に出てたヤツで、家にも同じのがあった、みたいな感じだ。

ま、もう、寝よう。

この記事を書いた人: A-tak

A-tak.com(えいたっく どっとこむ)の管理人。
Apple野郎なおっさんでしたが、ちょっと最近のAppleには飽き気味。
A-tak.comは2002年2月から運営(前身のサイトは1999年3月から)。今年で18年目!

Youtube / Twitter / Mastodon / Facebook