iPhone 3GSのバッテリー変えた

最近、iPhone 3GSのバッテリーへたっていて一日持たないどころか、下手すると半日持たなくなってきたので、iPhone 5はたぶん6月ぐらいだろうから、さすがにこのまま数ヶ月過ごすのはきつかったので、自分でバッテリー交換してみました。

バッテリー自体は、このあたりだと1,800円ぐらいで買える。ソフトバンクに頼むと1万ぐらいかかるから断然安い!

しかし、まぁ、やってみてわかったんですが、結構大変でした。

具体的な方法はこちらや、こちら[ifixit](英語)を参考に作業しました。ifixitの方は実際はiPadのアプリがあるので、それ見ながらやったんですけどね。英語だけど、手順が非常に細かくてわかりやすい。両方参照しながらやればできるはず。分解するまでは・・・

精密ドライバーはたまたまメガネ買ったときについてきてたのがあったので、それでいけました。
結構、変わった配線のつなぎ方してあって、かなりどきどきしながらの作業でしたが、大変だったのはむしろ組み立て。
ロジックボードはなかなかしっかりはまらないし、ねじもなかなか止まらないしで、一時間ほど悪戦苦闘したと思います。

しかし、無事なんとか組み立て終わって、一週間ぐらい使ってますが、やっぱ電池の不安が少ないというのはいいね。
生まれ変わったようなというのは大げさ過ぎかもしれないけど、買ったときのスタミナが戻ってきて、あの頃に戻ったようだね!(?)

そんなわけで、うっかり壊しちゃう可能性もあるので、むやみにすすめられないところではあるけど、壊れたらiPhone4買えばいいや、ぐらい思ってる人は、チャレンジしてみてはどうですか。

広告の下にお勧め記事あります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください