カテゴリー
iPhone

iPhone 5sで真価を発揮するやもしれないMoves

Moves

 Moves という高機能な万歩計アプリを見つけました。

 起動すると冒頭のような画面がでます。バブルを押すと歩数、カロリー、歩いた時間、歩いた距離が切り替えられます。

 おもしろいのが下にでているストーリーライン。どこに何分滞在したかがGPSと連動して記録されます。タッチすると移動したルートも出る。

 自動的に移動手段まで判断されています。WalkとかTransportとか出てますね。時間も出てる。わかりやすい!

 アプリ落としてても、ちゃんと、記録取ってくれているようです。実行したアプリの一覧から消すと記録取らなくなるようですが、場所移動したタイミングでまた記録始めるそうなのでジオフェンスとか使ってるのかな。

場所の指定

 滞在した場所はFoursqureの位置情報を使って明示的に記録することもできます。家や職場を覚えさせることも出来ます。覚えさせると自動的にその場所に滞在したものとして次回以降自動で判断してくれます。

 上のtodayのところをタッチすると最近の活動状況が表示されます。

俯瞰してみる

 ログはMomentoにも自動で取り込み出来ます。というか、Momentが対応したと聞いたのでこのアプリを知りました。

サマリーもmomentoに出るよ

 一番下にMovesのサマリーが。あと目的地に着いたときも記録に出るみたいです。なぜか私、午後出社したかのような記録になってましたが(笑)

 しかし、このアプリかなりバッテリー消費します。午前中で30%まで落ち込んで、90%まで充電したのですが、夜八時の段階で35%です。

 期待したいのはiPhone 5sのM7チップですね。ジャイロセンサーの処理を一手に引き受けてくれるチップのようでメインのCPUに負荷をかけずに電力を抑えて動いてくれるようです。GPSが一番電力食ってる気がしないでもないのでどれだけ改善されるかわからないですけど、iPhone 5sに変えたら効果を見てみたいですね。

[2013年9月21日追記]

 たぶん消費電力今のままだと変わらないですね。どうもiPhone5sのM7を使うかはアプリ側の対応が必要っぽいです(Core Motion Frameworkというものを使う様子)。対応しているアプリはプライバシーのモーションアクティビティの所にアプリ名が出てくると思われます。

Posted from するぷろ for iPhone.

Moves App
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス
価格: 無料
※価格は記事作成時のものです 

Momento (Diary/Journal) App
カテゴリ: ライフスタイル
価格: 無料
※価格は記事作成時のものです 

この記事を書いた人: A-tak

A-tak.com(えいたっく どっとこむ)の管理人。
Apple野郎なおっさんでしたが、ちょっと最近のAppleには飽き気味。
A-tak.comは2002年2月から運営(前身のサイトは1999年3月から)。今年で18年目!

Twitter
Mastodon
Facebook

「iPhone 5sで真価を発揮するやもしれないMoves」への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください