カテゴリー
グルメ 熊本

「カレー劇場 KIKUCHI」にむかえ

久々のブログは、世界一うまいカレー屋と言い切っちゃうのもいいかなと思ってる熊本の「カレー劇場 KIKUCHI」について書いてみるよ。

「カレー劇場 KIKUCHI」とは

熊本の菊池にあるカレー屋さんです。元は黒髪にあったのですが、菊池に移転しました。

お店は国道沿いの平屋のラーメン屋って感じのたたずまいです。
店に入ると強面のごつくてスキンヘッドのマスターが出迎えてくれます。
店のBGMは矢沢です。
実際は、マスター話すと優しくていい人です。怖がらないでね。

どんなカレーか

ここのカレーは変わってます。私はこういうカレーを他では食べたことないです。だいぶ、この東京で同じカレーを求め彷徨い歩きつづけましたが、いまだにちょっとでも似たカレーに出会ったことはありません。
僕の旅はまだつづくでしょう(?)

ルーは三種類あって、トロトロな見た目一般的な欧風カレーのような「ラーゴ」(写真右)。水分少なめのフルーティーかつピリッとした辛さを持つ「ボルケーノ」(写真左)。
そして挽肉たっぷりの「キーマ」。

基本的にどのルーもフルーティーで「甘い」です。
これが一番の特徴かもしれません。甘いって書くと辛いもの好きの人は興味失せるかもしれませんが、そういう人こそ行って欲しいです。辛いだけのカレーじゃないのもアリだなと思うはず。

各ルーを単品で頼むのもいいですが、お勧めしたいのはWカレー、トリプルカレーというルーを二種類、三種類ミックスしてあるメニューです。
私的にお勧めなのは、ラーゴとボルケーノのWカレー。ラーゴだけだと単調だけど、ボルケーノが混ざることでピリッとした辛さが加わって本当にうまい。やみつきになります。最後まで飽きずに食べきれます。

辛いのが好きな人はテーブルの辛みの素を入れて辛さを調整できますが、入れすぎ注意です。
私は気分によってラーゴに辛さの素を一滴落とすぐらいです。それぐらいでも、結構辛くなります。

トッピングのこだわりがすごい

トッピングが「超」がつくほどうまい。
どのトッピングもちょっと予想したものと違う感じの形で出てくるのですが、これがカレーにめちゃくちゃ合う。
適当に別で作った料理をただ乗せたというよりは、このカレーのためにトッピングを作ってる、たぶん。それぐらいどれもマッチしてるんですよ。
マスター、ごつい見かけによらず凄く繊細な仕事をしておられる(笑)

熊本の人は是非行くべき

カレー以外にも豚足なんかもあり、凄く柔らかくておいしい。私は元々そんなに豚足好きではないので、あまり頼まないけど、好きな人は是非試してみた方がいいと思う。
そんなカレー劇場 KIKUCHIですが、もしかしたら今月でまた店を閉めてしまうかもしれないとのこと。場所的に菊池であまり繁盛してないんでしょうね。
私的には、このお店がなくなると熊本に帰省する楽しみが80%OFFぐらいになってしまうので、是非ともお店続けて欲しい。
行ったことない熊本人は是非行ってみて。
こんなカレーもあるのか!これもありだなと驚くこと間違いないので、是非。
一回でも食べなきゃ損ですぜ!


大きな地図で見る

熊本県菊池市西寺1522
0968-24-7055
11:30?21:30

食べログリンク

この記事を書いた人: A-tak

A-tak.com(えいたっく どっとこむ)の管理人。
Apple野郎なおっさんでしたが、ちょっと最近のAppleには飽き気味。
A-tak.comは2002年2月から運営(前身のサイトは1999年3月から)。今年で18年目!

Twitter
Mastodon
Facebook

コメントは受け付けていません。