カテゴリー
グルメ 東京

神保町で最もウマいカレー屋「ペルソナ」

神保町と言えば古本の町。そして、なんでかよくわからないけど、カレーの町でもある。
歩いているとカレーのいい匂いが漂ってきます。
そんなカレーの町の中でもイチオシの欧風カレー屋が「ペルソナ」です。

お店は渋い喫茶店のような作りで雰囲気が良い。
壁に仮面が並んでいる。ペルソナって仮面のことですからね。

もしかするとこのお店は、元喫茶店なのかも。神保町は本の町→本を買った人が立ち寄る喫茶店ができる→喫茶店といえばカレー→カレーが人気出ちゃってカレー専門店に・・みたいな流れでカレー屋が増えてるのかもね。

東京のカレー屋というと、さらさらのインドカレーが多いような気がするのですが、ペルソナは欧風でコクがあるどろどろカレーです。
ルーは甘口、中辛、辛口と甘特が選べます。
甘特は甘口と辛口を混ぜたものなのですが、食べた瞬間はフルーティなー甘みが広がり、しばらくすると辛みが広がります。
これがなかなかうまいのでお勧め。でも、わりと辛めなので、辛いの苦手な人は甘口がいいです。

カレーの種類としては、ビーフ、ポーク、チキンとシーフード的なものもありました。
AKBの篠田麻里子も来たらしいのですが、彼女お勧めはボークカレーらしいです。
私お勧めはビーフカレーですけど(笑)
ビーフが柔らかくて感動します。

量は普通盛りで物足りないぐらいけど、茹でたジャガイモが二つ別皿で来るので、お腹いっぱいになる。
なぜか、神保町の欧風カレー屋はジャガイモが付いてくることが多い。ボンディーもそうだ。
水分少なめのご飯がカレーにあってる。これでご飯がふっくらだと、ちょっときつい。
らっきょうもサクサクでうまい。

神保町のカレー屋の不思議として、なぜかどこのお店も結構いいお値段というのもある。
ペルソナのビーフカレーも1,200円。一回行くと200円の割引券もらえるので1,000円。
さらに確か何曜日かが少し安くて800円ぐらいになるんだけど、そこまでいくと普通かなとは思うけど、1,200円は抵抗ある人もいるんじゃないかな−。

さっきちょっと書いたボンディーはもっと高いけどね(笑)
でも、味もさすがにいいです。

話ちょっと変わって、北千住駅内に東京カレー屋名店会というお店が出来ている。
有名店カレーを出してくれるお店で秋葉原にもあるのだけど、北千住店にはペルソナのカレーもラインナップされている。
しかも、値段は本店より安い850円で、何が違うのか気になるので今度行ってみようと思う。

2012-06-09追記
東京カレー屋名店会北千住いってきた。
値段は変わらず1200円でした。勘違い。二店盛り頼んだからか、なんかちょっと本店とは違うような物足りないような。うまく言えないけど。ビーフは柔らかさが足りなかったな〜。あ、ご飯は少なめでした。

神保町のペルソナの場所↓

大きな地図で見る

この記事を書いた人: A-tak

A-tak.com(えいたっく どっとこむ)の管理人。
Apple野郎なおっさんでしたが、ちょっと最近のAppleには飽き気味。
A-tak.comは2002年2月から運営(前身のサイトは1999年3月から)。今年で18年目!

Youtube / Twitter / Mastodon / Facebook

コメントは受け付けていません。