カテゴリー
グルメ 東京

ハイエンドどんぶり! 「和牛贅沢重専門店 神楽坂 翔山亭」で黒毛和牛重を食す

黒毛和牛重 竹

 神楽坂に最近出来た黒毛和牛重のお店に行ってきたよ!

ちょっと入りづらい
ちょっと入りづらい

 店名がすごい。

 「和牛贅沢重専門店」ですからね。贅沢というワードが店名に入ってる時点でなんか贅沢。

 中はカウンター席のみの、こぢんまりした感じ。

 メニューは贅沢重オンリー。赤だしとかビールもあるけど、メインは贅沢重のみ。男らしい。

 贅沢重は「梅」、「竹」、「松」とあるけど、真ん中の「竹」を頼んでみた。グレードが上がるほど、肉の盛り付けのバリエーションが増えて行くみたい。

つきだし付き
つきだし付き

 ランチなのに「つきだし」が出てくる。この寿司が柔らかくて、めちゃ旨い。これだけ追加注文したい感じ。

黒毛和牛重 竹
黒毛和牛重 竹 1,600円

 そして、来ました! 「黒毛和牛重 竹」。

 料亭のような見事な盛り付け。黒毛和牛しぐれ煮と、麹漬けローストビーフと、サーロイン炭火焼きのトリオですよ。どれも柔らかくて香りが良くて旨い! もっとこのお肉が食べたくなる。こんなの焼き肉で出てきたらヤバいだろうな。

 少し食べたら黄身醤油(卵の黄身と醤油混ぜたもの)をかけて味の変化を楽しむ。

 そして、最後はお茶漬け。刻みのりや、わさび入れて化学調味料を使っていない天然の出汁を掛けて、少しさっぱり目にして食べる。お肉が結構味がしっかりしているので、最後のお茶漬けのサッパリが締めとしてちょうどいい。

 量は控えめなので、大盛り頼むのもありかと。私は普通で頼んで最後のお茶漬けでほどよく満腹になりましたけど。

 いやー、うまかったです。「翔山亭」さんは本店は焼き肉屋みたいで、そこもかなり肉好きには有名らしいですね。いずれそちらにも行ってうまい肉食いたいですね。

この記事を書いた人: A-tak

A-tak.com(えいたっく どっとこむ)の管理人。
Apple野郎なおっさんでしたが、ちょっと最近のAppleには飽き気味。
A-tak.comは2002年2月から運営(前身のサイトは1999年3月から)。今年で18年目!

Twitter
Mastodon
Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください