カテゴリー
雑記

やっとPebble Time Steelが届いた

やっときたか

 8月中頃に注文してやっと「Pebble Time Steel」が届きましたよ!

何度も決済に失敗し到着が遅れる

 楽天カードがセキュリティ高めてるとかで、Pebbleからのカード請求を止めちゃうから、だいぶ待たされましたよ。一回止められると、またしばらくしないと発送の順番が回ってこないっぽい。これだったら、別料金で高速便頼まなきゃ良かった。

Pebble Time Steelって?

 Apple WatchやAndroid Wareに代表される、スマートウォッチの一つです。といっても、Pebbleの方がAppleより先で、当時キックスタートで多額の資金を集めたことで有名になりました。

 初代のPebbleは白黒表示だったのですが、その後Pebble Timeからはカラー表示に対応し、その後Pebble Time Steel、Pebble Time Roundが発売されています。

 世間がApple Watchでそれなりに騒いでいる中でPebbleの一体何がすごいのか? この後書いていきます。

さっそく見ていきます

中の見える箱に入ってきたよ
中の見える箱に入ってきたよ

 こんな箱に入ってきました。Pebble Time Steelです。Pebbleは動画を見ると「ぺぼー」と言ってるみたいなので、日本語読みすると「ペブル」なんでしょうね。「小石」といういう意味みたいです。

バンドもユーズド感あって悪くない
バンドもユーズド感あって悪くない

 色はガンメタルにしました。今持っている時計がシルバーなので被らないように、ガンメタにしたのですが、渋すぎたのでシルバーの方が良かったかも(汗)。

今使っている時計↓

 バンドはスウェードのような質感でちょっとユーズド感あって悪くないですね。メタルバンドも注文してたのですが、在庫切れのようで後で届くみたいです。残念。

右にボタン三つ
右にボタン三つ

 ボタンは右側に三つ。上下で選択して真ん中押して決定という操作方法です。

左に一つ
左に一つ

 左側のこのボタンは戻るボタン。

 そうそう、Pebble Time Steelにはタッチパネルはありません。ボタン操作のみ。あとは地味に音声認識にも対応しています。日本語対応はまだですが。

裏には充電端子
裏には充電端子

 裏はこんな感じですね。磁石でくっつく充電端子がついています。30M防水です。

iPhoneでアップデート
iPhoneでアップデート

 スマートウォッチなので、スマホとBluetoothでペアリングします。iPhone経由で最新ファームフェアをセットアップしてます。iPhone側にもPebble Timeのアプリをいれるようになっていて、こいつがいろいろ制御しているっぽい。

今日の予定
今日の予定

 上下のボタンを押すと、iPhoneから同期されたカレンダー表示が。上を押すと過去の予定に、下を押すと未来の予定が表示されます。日の出の時間や天気なんてのも表示される。Timeline表示というPebble Timeから採用されたインターフェースだそうです。

 画面は見ての通り、Apple Watchと比べるとだいぶ地味です。色はたったの64色、解像度も144 x 168ピクセルでレティナには遠く及ばないです。

 ただ、Apple Watchの充電がたった一日しか持たないのに比べて、Pebble Time Steelは10日もバッテリーが持ちます。

 さらにいうと、Apple WatchやAndroid Wearが、バッテリー節約のためほとんどの間は真っ黒の画面のままで、使う時にのみ画面が表示されるのに比べて、Pebble Time Steelは常に表示が維持されています。

 これにはPebble Time Steelが採用しているディスプレイに秘密があって、電子ペーパー技術を活かした低消費電力のディスプレイを使っているからなんですね。

 私は時計をよく外して机においてたりするのですが、Apple Watchとかだと一回握って振らないと時間が見れない。スマホだって、ボタン押してスリープ解除しないと時計が見られない。Pebble Time Steelなら常に時間が表示されている。時計としてあるべき姿はこれだよな、と。

 あと、電子ペーパーがベースなので光の反射により文字盤が見えるので、外でも液晶のように見えづらいということはない。むしろ、外の方が電気がついているんじゃないかな?というぐらい鮮やかに見える。

 暗くなると逆に見づらくなりますが、腕を振るとバックライトがつくので大丈夫です。今使っているPulsomaticはバックライトがついてなくて夜は見えなかったから、これはうれしいなぁ。

iPhoneからの通知も
iPhoneからの通知も

 iPhoneからの通知も普通に表示してくれます。iPhoneの場合、ロック画面にも通知表示するようにしているアプリの通知を出すようです。Pebbleに通知させたくなかったら、ここを調整するしかないようですね。AndroidのアプリだとPebble Timeアプリで細かく通知の設定をできるみたいなんですが、残念。

WatchFaceが楽しい!
WatchFaceが楽しい!

 楽しいのが、いろんな方が作っている盤面ですね。Watch Faceというみたいですが、とにかくいろんな種類のウォッチフェイスがPebble Timeアプリからダウンロードできます。

 上の写真は「CIRCLE」というダウンロードしてきたウォッチフェイス。シンプルで未来的な感じがしてスマートウォッチらしいなと気に入っている。

カシオ風(笑)
カシオ風(笑)

 一方、こんな懐かしい感じのモノも。CASIO臭がするな(笑)。

 「91 Dub v4.0」というウォッチフェイス。写真はバックライトついてない状態なんですが、昼間見ると、ほんと昔のカシオの腕時計みたい。バックライトも青白い光なので、夜バックライトつけるとなおさら昔を思い出せます(笑)。

常に時計が表示されていることの良さ

 細かい質感なんかは、ちょっと安っぽさはあって、Apple製品のように、とにかくずっと眺めていたくなる程のかっこよさはないんだけど文字盤によっては十分素敵だし、いつでも時間を表示しているという時計としての基本機能がちゃんとしていていいですね。

 AppleWatchとかだといくらおしゃれな文字盤にしてても真っ暗な画面だから意味ないですが、Pebbleならさりげなく自慢できるというのもポイントかも(笑)。

 あと、充電切れを心配しなくていいというのはいいですね。スマホの電池切れにドキドキするだけで十分なのに、時計までそんなになりたくないですしね。

この記事を書いた人: A-tak

A-tak.com(えいたっく どっとこむ)の管理人。
Apple野郎なおっさんでしたが、ちょっと最近のAppleには飽き気味。
A-tak.comは2002年2月から運営(前身のサイトは1999年3月から)。今年で18年目!

Twitter
Mastodon
Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください