カテゴリー
Android

iPhone XとGalaxy Note 10+比較してみる

今回はiPhone XとGalaxy Note 10+を比較してみます。

前回記事はこちら。

画面が広い

iPhone Xは5.8インチ、Galaxy Note 10+は6.8インチで結構デカい。Galaxyはディスプレイが端っこまで広がっていて、ノッチもなくカメラはディスプレイの中に埋め込まれているので余計に広く感じます。

フチがほとんどなく一面ディスプレイなデザインはカッコイイです。

持ちにくい

デカいので仕方ないよね、という話。私、女性より手が小さいぐらいなので片手操作は無理でした。さらに手帳型のケースにしたので余計に持ちにくいですね😀

ちなみにこのケースです。これ結構面白いケースなのでまた今度紹介します。

誤動作が多い

これは残念ながら今まで使っていたiPhone Xが圧勝。これはGalaxy特有の縁一杯まで広がるディスプレイが元凶。どういうことかというと持ったときにこのフチのディスプレイに触れて誤動作が多発するのです。

一応、Galaxy StoreでEdge Touchというアプリを入れると反応しないゾーンを広げる事が出来るのですが、そうすると今度はフチからスワイプしたときの戻る動作の利きが悪くなって、あちらを立てるとこちらが立たない感じなのがもどかしい。

普段は手帳型のケースに入れているので誤動作しづらいけど、ケースから外して直接持つと誤動作しやすい。特に寝転がって操作してると意図しないタッチが発生する。

この縁なしディスプレイは格好いいんだけど微妙。

動作は快適

OSが違うので比較しづらい項目ですが、iPhone Xと遜色ないぐらいサクサク動いてます。最近のiOSはメモリ管理がおかしいのか直前に立ち上げたアプリがバックグラウンドに回った途端消えてたりするので、そこら辺を踏まえるとGalaxyの方がいいですね。

バッテリーはiPhoneほど保たない

家に帰るまでは保つからいいけどね。iPhoneの電池保ちはやっぱり異常ですね。Galaxyはデフォルトだとバッテリー駆動時間伸ばすためにディスプレイの解像度がFHD+(2280 x 1080)になっています。

いろいろとわかりづらい

たとえば時計は自分で24時間形式にしないと昼の12時が0時と表示される。iPhoneの方が初期状態でユーザーが混乱しないようになってる感じはする。

通知の挙動もわかりづらい。タッチしたときに行が広がって通知の全文が見える場合もあればアプリが立ち上がるときもある。どうやら通知の右の方を押すと行が広がって、左側を押すとアプリが起動するみたい。

パワーモードもわかりづらい

上から下にスワイプすると「パワーモード」というスイッチがあり挙動が意味不明だったが、もしかしたらわかったかもしれない…。

スイッチをオン・オフと切り替えると「高精細モード」に切り替わったり、「最適化モード」になったり、「標準省電力モード」に変わったり、全く動作が意味不明だったのだが、スイッチをオフにすると「最適化モード」になり、オンにすると「直前に選択していたモード」になるようだ。

例えば「高精細モード」を一度選んだあとはスイッチをオフにすると「最適化モード」になり、再度オンにすると「高精細モード」になるし、「標準省電力モード」を一度選んだ後だと、オフにすると「最適化モード」になり、オンにしたときは「標準省電力モード」になるようだ。わかりづらい!わかりづらいよ! この文章で伝わる気がしないぐらいわかりづらいよ。

じゃあ「高精細モード」を選んで、スイッチオフではなく設定から「最適化モード」を選んで、スイッチをオンするとどうなるかというと「標準省電力モード」になった…。ここは「高精細モード」じゃないの?

さらにパワーモードの設定画面には「省電力を最適化」というオプションもあって、たぶん状況に応じて「高精細モード」や「標準省電力モード」を切り替えてくれると思うのだけど、本当にそうなるかは不明です。パワーモードを手動で切り替えるとオプションがオフになるので、たぶん合ってるとおもうけど…。

ロック解除が超らくちん

Galaxy Note 10+圧勝。
iPhone Xと違って顔認証だけではなく指紋認証でもロック解除可能。コロナや花粉症対策でマスクしてるとiPhone Xの場合はロック解除が超絶めんどくさかったけどGalaxyは楽勝。

そもそもAndroidにはSmart Lockという便利な機能があってロック解除をする頻度は少なくできる。

Choose when your Android phone can stay unlocked

便利なのは特定のBluetooth機器が近くにあるときはロック解除にしてくれる機能。私はいつも腕につけているGarmin Fenix 5 Sというスマートウォッチが近くにある場合はロック解除されるようにしています。これ、超楽です。

おやすみモードはBixby Routinesで

寝るときに通知で音やバイブが来ると睡眠妨害されてしまうのでiPhoneの時はおやすみモードをつかっていました。これを使うと例えば23時から翌7時までは通知が来ても音やバイブを鳴らさないということができます。

標準機能でも「通知をミュート」という設定から決まった時間に通知をしないことはできます。ただ、iPhoneみたいに自動でブルーライトカットモードとかはオンにできない。

Androidだとシステムの設定にはそれらしいものは見つからなかったのですがGalaxy専用のBixby Routines(ビクスビー ルーティーンズ)というアプリがあって同じ事が出来ました。

ただ、動作が不安定なのか指定した時間に機能しないことがちょくちょくありました。もしかしてバックグラウンドで動作し続けさせないとダメなのかな?

このBixby Routinesは他にも位置情報と連動させて自宅では音を鳴らすようにして会社ではマナーモードにしたり、特定のアプリを起動しているときは画面回転を有効にしたりという自動化ができます。

電話へ出られなかった

これGalaxyだけなんですかね?
最初、電話が掛かってきたときに出られなかったんですよ、操作が分からなくて。普通だと電話掛かってきたら受話器のマークをタッチして電話に出られると思うじゃないですか。でもそれじゃ電話とれるなくて波紋が広がるようなアニメーションが表示されるだけ。次にアイコンを長押ししてもやっぱりとれなくて。結局ネットで調べて、受話器のアイコンを波紋の外までスワイプすれば電話がとれるということがわかりました。こんなんわかるかい!

たぶん、スマホ操作しているときにいきなり電話掛かってきて意図せず電話を取ってしまう事を防ぐためのUIなんでしょうけど、画面に何も説明書いてないし褒められたUIではないですね。

なんか不満の方が多くないか?

あれ、おかしいな😀
でも割と気に入ってるんですよ。こだわればiPhone以上にいろいろできそうなところとか、あまりつかってないけどSペンとか。まだいろいろ書くことあるので、次回に続きます。

Galaxy Note 10+記事の続きはこちら。

この記事を書いた人: A-tak

A-tak.com(えいたっく どっとこむ)の管理人。
Apple野郎なおっさんでしたが、ちょっと最近のAppleには飽き気味。
A-tak.comは2002年2月から運営(前身のサイトは1999年3月から)。今年で18年目!

Twitter
Mastodon
Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください