カテゴリー
コンピュータ

ワイヤレスキーボード買った

結局、Microsoft Natural Ergonomic Desktop 7000 WTA-00014 を買った。

テンキーなしでもいいか、とか、Bluetoothだろ、やっぱり、とかも書きましたが、結局、普通の2.4GHzワイヤレスのエルゴノミックキーボードにしました。 感想としては、なかなかイイ!といったところです。

店頭で触った展示品が相当めちゃくちゃだったみたいで、キータッチも沈み込むような感じで静かで、前使っていたMicrosoft Natural Keyboard Proより全然いいし、パームレストも柔らかいクッションがついていて非常に楽。

ウェービーな形状もばっちり手にフィットする感じで、元々エルゴノミックキーボード使っていたというのもあるからかもしれないけど、全然違和感なし。 目で見るとやたら小さい右シフトキーとかも特に問題なく押せている。

特徴的なのは奥の方が低くなっている前傾姿勢スタイル。 前方にこんな感じでスカートを履かせることで傾斜を作ります。 パームレストに手を置くと、手首をダランとした状態に近づくからなのか手が疲れません。 良くできている。

マウスも斜め。 キーボードと違ってこれは慣れるのに時間かかりそう。 重心が高くて横から持つような感じになるので、上から押さえつけるのと違って、横に動かしたときにマウスが傾いて、底面がパッドから離れてしまう。 楽ではあるけど、素早くキーボードとマウスを持ち替えたりするのには向いてないかも。

しかし、やっぱりデカい。 ワイヤレスになったので、PCの画面をプラズマに写してソファーでキーボードを膝に置いて操作してみたが、例のスカートが邪魔。外れそうになっちゃうし。 そもそも邪魔なら外せばいいんだろうけど、PCデスクで使うときに、またはめるめんどいし。

まぁ、線がなくなったから、よしとするか。

Microsoft Natural Ergonomic Desktop 7000 WTA-00014
マイクロソフト (2007-08-31) 売り上げランキング: 4981
おすすめ度の平均: 3.5

3 マウスに高さがありすぎて・・・ 4 競合がなければ… 3 時々反応しなくなるのが課題です 3 キーボードの感度?に問題 5 マイナーチェンジされたセットモデル

この記事を書いた人: A-tak

A-tak.com(えいたっく どっとこむ)の管理人。
Apple野郎なおっさんでしたが、ちょっと最近のAppleには飽き気味。
A-tak.comは2002年2月から運営(前身のサイトは1999年3月から)。今年で18年目!

Twitter
Mastodon
Facebook

コメントは受け付けていません。