カテゴリー
Mac Windows

MacやWindows7はアイコンが大事

最初にMacを使ったときに違和感があったのが、下に並んでいるアプリ起動のアイコンにアプリの名前が表示されていないという点でした。

Windows XPやVistaでは普通に起動しているアプリケーションの名前が表示されていましたからね。
こんな感じ。

最初は名前が出ていなくて、わかりづらいなぁと思ってましたが、しばらくすると、Macの方が素早く操作できるようになってきました。

なんでか考えてたら、VistaやXPはアプリを起動した順番でボタンが並ぶけど、Macの場合は、目的のアプリケーションのアイコンがだいたい同じ場所にあるから探さなくていいんです。

MacでもDockに追加していないアプリは、起動すると右端あたりに出てきますが、XPやVistaみたいに、ドキュメントごとにボタンが増えるのではないので探すのは簡単なんですね。

あと、なれると文字がなくても、でっかく表示されているアイコンで、どのアプリか一目でわかるんですよね。やはり絵の方が頭の認識が早いんだなと思います。それを開発者はわかっているのか、どのMacアプリケーションもアイコンが綺麗で個性的でみやすいんですよね。よくできているなぁと思います。

とか、思ってたらWindows 7ではこんな風になりました。

まんま、Macじゃん(笑)
Windows7が出たときは、きづかなかなくて、「ずいぶん使いやすくなったなぁ」とか思ってたけど、よくよく考えるとMacとほぼ一緒ですね。
Windows7の場合はカーソル合わせてもアプリの名前はすぐ出てこないからMacよりもアイコンにはこだわる必要があるのかも。

最近、なんか会社のWindows使ってていらいらするなぁと思っていて、たくさん立ち上げたアプリから目当てのウィンドウを探す作業というのが、思いの外ストレスに感じていたのに気づいてこのエントリー書きました。

会社のPCもWindows7にしたいなぁ。

この記事を書いた人: A-tak

A-tak.com(えいたっく どっとこむ)の管理人。
Apple野郎なおっさんでしたが、ちょっと最近のAppleには飽き気味。
A-tak.comは2002年2月から運営(前身のサイトは1999年3月から)。今年で18年目!

Youtube / Twitter / Mastodon / Facebook

コメントは受け付けていません。