カテゴリー
家電

ルンバ連続殺人事件

家に帰ると玄関先に横たわる動かなくなったルンバ。
周りには不自然にめくれた玄関マット。
一体ルンバに何が起きてしまったのか?!

毎日帰るたびに倒れているルンバ。
どこからともなく聞こえてくる女性の悲鳴(エラー音)。
果たして、この謎を解き明かすことはできるのか?

iRobat社製のお掃除ロボット「Roomba(ルンバ)」買ったよ

・・・というわけで、お掃除ロボット「ルンバ」を買いました。
基本、めんどくさがりなんですよ。掃除も掃除機かけたのに、またいつのまにかホコリ溜まってたりするじゃないですか。
繰り返しやってもやっても同じ事を繰り返さないといけないということが苦手で。
結局、床にホコリとか溜まりまくりだったんですよ。

あと、会社の人がルンバ使ってて見せてもらったら、これがまぁよく働くこと。
で、ネットで調べてるうちに欲しくなって、ポチっといきました。

スケジュール機能が付いていて、複数部屋を渡り歩いて掃除するライトハウスという機能が付いている「ルンバ780」にしました。
安めの並行輸入品というのもあるけど、新商品だけあって、3000円ぐらいしか差が無かったので、日本の正規品にしました。
こういう駆動部分が多い機械は壊れるイメージあるからね。パソコンDVDドライブとかね。

中身はこんな感じでいろいろ部品が入っているけど、スペア部品なので、組み立てたりするわけじゃ無い。
買ってきてすぐ試したいところだけど、初回は三時間ぐらい充電しないと使えないというところがちょっと残念なところ。

とりあえず、ルンバは充電して放置。
次の日の朝に、真ん中のCLEANボタンプッシュで初のルンバ稼働!

とりあえず、寝室から掃除してみた。
壁に当たるまで進んで、壁沿いにうまいこと進んで、壁際に貯まった綿埃をガンガン吸い取ってくれている。
あきらかに床が綺麗になってる。
普段、掃除機が入らなくて掃除しないベッドの下に進入して掃除してくれるのはかなり嬉しい。
しばらく掃除をさぼっていたのと部屋が汚れてるからだろうけど、一部屋掃除終わる前にすぐゴミケースが一杯になった。
毎日ルンバ動かせばこんなことにはならないだろう。

掃除の仕上がりはなかなか良い。いい感じに全体的に掃除してくれてる。すげーな。
一通り寝室の掃除が終わったとルンバが判断したのだろう、リビングにルンバが移動。
寝室は和室で畳の分だけ床が高いので、段差を落ちるように移動した。
後でわかりましたが、通常すべての部屋の掃除が終わると、寝室のベースに戻るのですが、この段差のせいで戻れないようです。残念。

ちなみに、部屋の区切りは付属で二つ付いているお部屋ナビという装置で、赤外線でルンバに部屋の区切りを教える仕組みになっています。
一通り部屋の掃除が終わると、お部屋ナビの仕切りを超えて次の部屋に移動するわけですね。
赤外線通信だけでうまく動くのか不思議に思っていたのですが、どうも780に付いてくるこいつは2.4GHzの無線も使うみたいです。下位機種はお部屋回らないので、赤外線のみみたいですね。

リビングには毛足が3センチぐらいのラグを敷いていて、ちゃんと掃除してくれるか心配だったのですが、ちゃんと掃除してくれました。
ソファー下もバッチリ掃除。
がっつりホコリを吸い取ってくれました。

エラーでよく止まる

ある程度は予想していましたが、ルンバがいろんな所にはまり込んで、エラーで止まっちゃうことが多いです。
たとえば・・・

  • ソファーの下でコードに乗り上げて
  • 電源タップに乗り上げて
  • 玄関にマットごと落ちて
  • 玄関のマットをめくってのりあげて
  • 柔らかいランドリーボックスに体当たりし続けて
  • パイプ椅子の間に入り込んで

家にいるときにエラーで止まるならば良いのですが、外出時に動作させて帰ったら掃除全然出来ていないというのは、結構がっかりでしょう。がっかり将軍でしょう(?)

これに関しては、一つずつ潰していくしかない。
家具を移動するとか、一時的にどこかにどけておくとか。
しかし、完全にエラーを潰すのは難しいのでエラーで止まってたら、次の日はまだ掃除が終わっていない部屋にルンバを持っていって、そこから掃除を開始するとか割り切るべきですね。

ルンバにはスケジュール機能もついている。
たとえば、平日出かけている間に掃除させておくとか出来る。
ルンバの動作音は掃除機ほどでは無いけど、静かとは言えないし、パイプ椅子を乗り越えたりすると、ゴンゴン階下に響きそうな音がするので、昼間に掃除させておくというのはいいかも。

今後、うまくルンバを使うには

今後、ルンバを有効に活用する方法を考えてみた。

  • 家具の位置を調整(スタックして、がっかり将軍にならないように)
  • 調整が難しいものは掃除する前に 一時的に移動
  • 移動させた家具は次回には位置を戻して前回掃除できなかったところを掃除させる
  • スケジュールで平日13:00とかに自動で掃除させる
  • エラーは地道に対処
  • エラーで止まったら次の部屋へ移動させて次の日に掃除の続きをさせる。・・・という感じですかね。

さて、それなりに手間がかかるルンバですけど、なかなかいいです。
勝手に掃除してくれるなんて素敵将軍ですね。
特にソファー下とか人が掃除しづらいところも掃除してくれるのが嬉しい。
毎日掃除してもらっても文句言われないし(笑)
うちには全自動の洗濯乾燥機があるのですが、これと併用すると出かける前にセットして帰ってくると、掃除も洗濯も終わっているという素敵な状態になっているわけです。
常に清潔な状態が保たれているというのは、精神衛生的にもいいっす。

段差に対応した

やっぱり、せっかくライトハウス機能をもった機種を買ったのだから、全部屋まとめて掃除してほしい。

ネットで調べると、やはりみなさんルンバの段差対策に試行錯誤されているようです。
自分はホームセンターで、発泡素材のスロープを買ってきました。1000円ぐらい。

これでルンバも掃除終わったらベースに戻ってくれるようになるかな。

↓楽天の日本正規品のやつ。

↓並行輸入品。3000円ぐらいしか差が無い。

↓段差スロープ。木で出来ているやつは高いけど、当然部屋になじむと思う。

↓コード這わせている場合はこれもいいな。

↓これは木でコードも通せるな。ただ、木製は切らないいけないときに加工がめんどい。

↓発泡性のスロープ発見。でも、あんまり木目じゃなくて目立つかも。

この記事を書いた人: A-tak

A-tak.com(えいたっく どっとこむ)の管理人。
Apple野郎なおっさんでしたが、ちょっと最近のAppleには飽き気味。
A-tak.comは2002年2月から運営(前身のサイトは1999年3月から)。今年で18年目!

Youtube / Twitter / Mastodon / Facebook

コメントは受け付けていません。