カテゴリー
文房具

Airpen Pocket++とモレスキンノート活用中

iPadとの連携が残念だったAirpen pocket++(えあぺん ぽけっと ぷらす)ですが、モレスキンノートと一緒に使ってます。

なんのかんので使っていますAirpen。
iOSとの連携は残念な感じだったのですが、Macとのリアルタイム連携は旧世代のUSB接続しかなかったAirpenと比べると感動ものの便利さでした。あとモレスキンノートの特徴のおかげでペンとレシーバーの扱いが凄く楽になりました。

モレスキンノートのゴムバンド便利

モレスキンノートって、ゴムバンドがついててパチンとノートが開かないように閉じられるようになっています。

これがAirpenにちょうどいい。
なぜかというと、レシーバーとペンを挟んだまま、ゴムバンド閉じればレシーバーもペンも落ちないんですよね。

書くときは、さっとゴムバンド外してすぐ書き始められるし、直すときもさっとゴムバンドつければOK。
これかなり楽です。

以前Airpen使ってたときはレシーバーと専用のペンの扱いが結構面倒だったんですよ。
サッと書き始めたいのにレシーバーつけて、ペン探してみたいな。
これが無くなるだけでもかなり使い勝手が良くなりました。

Bluetooth接続が楽

これもかなり楽。
昔のAirpenは書いた後にUSBで接続して書いた内容を取り込みしないといけませんでした。
これが結構時間かかるし、手間なんですよね。
Airpen Pocket++はAirpen noteをMacで起動して、Airpenのレシーバーの電源入れたらBluetoothのボタンをポチッと一回押せば接続完了。
あとは、リアルタイムで筆跡をMacに取り込んでくれます。
取り込みの時間がかからないのが、思った以上に快適。

Airpen Noteは非常にシンプルなアプリで管理には向かないのですが、Evernoteボタン一発でEvernoteに保存OK。
あとはEvernoteで適切なタイトルなりをつけて整理すればOK。
Evernoteでカードビューにしておけばサムネイルで表示されてなかなか見やすいです。

あーそうそう、Airpen Noteのバグだと思うけど、デフォルトで紙のサイズを設定しても新規にページを作ったときは、反映されていないようでそのまま書きだすと変なサイズのデータになってしまう。毎回用紙設定をしたほうがいい。

ちなみにモレスキンはA5サイズがちょうどぴったりです。

手書きは閃きが違う

ついついデジタルに頼りすぎてよく忘れちゃうんですが、手書きの図解というのは本当に脳が活性化するというか、散々悩んでた問題が図解にすることで、あっという間に解決したりすることがある。

AstahとかFreemindでいろいろ書くのもいいですが、手書きでシンプルにまとめるというのは思った以上に効果的だなと思いました。
文字を書くにはデジタルがいいけど、何かを理解したり検討するには図解ですね。
そして、それがデジタルでも残せるというのはいいですね。やってて楽しいし、楽しいから難しいことでもなんとかやろうという気になる。

モレスキンノート自体も見た目が良くてもってて嬉しくなっちゃうしね。
映画なんかにもよく小道具として登場するみたいです。

ただのノートなのに1ページ1円以上するだけある。

たまにはアナログもいいね

デジタルは便利だけど、紙のノートとペンもたまにはいいね。
新鮮な気持ちになれますな。

この記事を書いた人: A-tak

A-tak.com(えいたっく どっとこむ)の管理人。
Apple野郎なおっさんでしたが、ちょっと最近のAppleには飽き気味。
A-tak.comは2002年2月から運営(前身のサイトは1999年3月から)。今年で18年目!

Youtube / Twitter / Mastodon / Facebook