カテゴリー
写真

そうだ京都に単焦点レンズ持って行こう その3

嵐山の駅

 祇園の次は嵐山に向かうことにしたのですが…

 
 バスに乗って嵐山に向かう予定だったのですが、バスがこない。遅れてるのか場所が間違ってるのか?表示はあったので遅れていたのでしょうね。

 さらに嵐山行きのバスの間隔が結構あいているのかGoogleマップで検索すると、毎回違う停留所を案内されて、もう30分ぐらいうろうろして訳がわからなくなったので、結局、阪急京都線の河原町駅から地下鉄に乗って、桂駅で阪急嵐山線に乗り換えて嵐山駅へ。

 バスは1時間かかるところが、30分で着くじゃない!最初からこれにしておけばよかったです。普通に、SUICA、PASMOも使えるのも東京在住の人間としては嬉しいですね。

 そして到着したのが阪急嵐山駅。冒頭の写真の駅です。照明が雰囲気あっていいですね。

渡月橋(とげつきょう)だ!

 嵐山の駅をてくてくと北に歩くと、「渡月橋(とげつきょう)」があります。これドラマとかにもよく出てますね。

 この日は雨が降っていたからでしょうか、後ろの山に「もや」がかかって幽玄の美を醸し出してますね。雨降っててかえって良かった!

 単焦点レンズでは遠かったので、ここから数枚はズームレンズで撮ってます。LUMIX G1に最初からついてた「LUMIX G VARIO 45-200/F4.0-5.6」というレンズです。最近、遠出するときはこの組み合わせで出かけることが多いです。

渡し守

 橋の反対側では渡し守が。なんか風流ですね。 

渡し守達

 ちょっと引くとこんな感じ。緑がいっぱいでいいですね。

人力車達

 縦列駐車中の人力車。

 京都では人力車がたくさん走ってます。いろいろと土地の事を教えてくれたりもするようなので、乗ってみるのかもいいかもしれないですね。足が痛かったので、自分も乗ればよかった…。

お寺達に取り囲まれた!

 渡月橋を渡って天龍寺方面へ。

 四方をお寺達に囲まれて、もうお寺から逃げられない(笑)

 寺から独立して院というものができあがっていったらしい。だから院が多いのか、へー。

陰翳礼賛

 天龍寺に来ました。

 まさに陰翳礼賛(いんえいらいさん)という感じで、光と闇のコントラストが美しいです。陰翳礼賛読んだことないけど。

光と闇

 この日は曇っていたこともあって、特に建物内は薄暗かったのではないかな。そこから明るい庭園を眺めると落ち着いた気持ちになりますね。

左の人工光が残念

 左の方には照明器具がついて明るくなっています。それが結構台無しな感じで、やっぱり自然の光が入ってくることで美しく感じられるように計算されて作られていたんだなと改めて感心。

ミニ庭園

 廊下伝いに小さな庭園が。茶室かなにかあるのかな。

境内・山内案内:世界遺産|京都 嵯峨嵐山 臨済宗大本山 天龍寺 公式ホームページ
多宝殿に続く渡り廊下の横にある建物は両茶室の待合。 ...

たぶん、見たのは茶室の待合室だったのかな。

格子窓の向こうに

 格子窓の外に緑。

畳がいいね

 やっぱり、少し曇っているぐらいの方が雰囲気があっていいですね。

緑もみじ、つまりはツツジ

 緑もみじ。

 紅葉なのに緑ってのも変か。緑ツツジですね。

見上げるツツジ

 光に透けて綺麗です。

天龍寺

 天龍寺の庭園です。雨が降ってて、霞かかってます。

立派な松が上から

 庭には立派な松が。幹が赤い!

 覆い被さるような松の下から中を覗けます。

花がきれい

 ちょうどあちこちで花が咲いてました。ちょうどよい季節だったかな?

竹林の道

 ここも来たかった。

 嵐山の「竹林の道」です。

 天龍寺の庭園からそのまま裏に抜けると竹林の道に入れます。

 来たかった竹林の道ですが、写真は一枚です。もう薄暗くてぶれている失敗写真が多かったのと、そもそも撮ってる枚数が少なかった。たぶん、疲れてたんでしょうね(笑)。竹林の道、想像に反して坂道だったし。

 まっすぐ一直線に伸びた竹があれだけ茂ってると迫力がありますね。そこら辺の雑木林とは違いますね(笑)。ちゃんと手入れされているのでしょう。

はなまる串カツ製作所

 さすがに朝からほとんどずっと歩きっぱなしで疲れたので、東京に戻ることに。

 18時前に嵯峨嵐山駅で東京行きの新幹線を予約。しかし、GW。既に20時しかあいてない。たかだか三時間なのにグリーン席は5千円もアップなので20時の普通指定席で帰ることに。

 時間があるので、京都駅で精算して一旦駅の外へ。京都風お好み焼きも捨てがたかったけど、自分で焼くタイプでめんどうだったので、「はなまる串カツ製作所」という串カツ屋へ。

しめさばの炙りって珍しい

 実は人生初の串カツ(笑)

 串カツといいながら、最初に来たのが「しめさばの炙り」だけどね。

 でも、これが結構おいしかった。しめさばの酸味がビールに合う。 

ハムカツが想像と違った

 来ました、これが二度付け禁止の暗黙ルールの上に成り立っている串カツ!

 ハムカツが想像と違った。ハムを波状にして串に刺して揚げてあるんだね。やわらかくて旨かった。牛ロースもなかなか。どれも外はカリッと中は柔らかなんだよね。そのくせ一本80円!

豚バラも想像と違った

 豚バラもくるくる包んであって、噛むと肉汁じわっ。写真ではどれがどれかわからんね(笑)。一番奥の丸っこいのが実は豚バラ。

ネギ入り角煮とは

 豚角煮も美味。刻みネギは新鮮だったな。京都だから?ビールもついつい二杯頼んでしまった。

京都タワーは上れなかった

 飯も食って京都ヨドバシにちょっと寄り道して買い物して、京都タワーはさすがに時間が危うかったのでスルー。今思えば、まぁ普通にいけたような気もするのでちょい残念。

京都駅が近代的

 京都駅。すごい吹き抜けになってる。デカいね、これだけで一つの街みたい。

 いやー、日帰り京都旅行、一日で20Km以上歩いてなかなか足がハードだったけど、いいもの見れた。せっかくだから泊まりでゆっくり回った方が良さそうだね。夜の祇園も写真撮るには良さそうだし。

 出発するときは朝四時にサーバートラブルで電話かかってくるし、地震で電車遅れたりして新幹線に乗れるかのドキドキのスタートでしたが、無事目的完遂です。良かった。

 写真は500枚ぐらい撮った。これだけ撮ったのは初めてかも。その中から割合まともな70枚を今回アップしました。上手い人はもっと成功率高いんだろうな(笑)

今回の京都撮影旅行のマップ↓

今回の京都旅行の記事

そうだ京都に単焦点レンズ持って行こう その1 | A-tak.com

そうだ京都に単焦点レンズ持って行こう その2 | A-tak.com

この記事を書いた人: A-tak

A-tak.com(えいたっく どっとこむ)の管理人。
Apple野郎なおっさんでしたが、ちょっと最近のAppleには飽き気味。
A-tak.comは2002年2月から運営(前身のサイトは1999年3月から)。今年で18年目!

Twitter
Mastodon
Facebook