カテゴリー
インテリア

照明は光源が直接見えないようにするとオシャレになる

光源が見えないといい感じになる

 ネットに繋がる電球「Philips Hue」を使いはじめて5ヶ月ぐらいになりますが、気になってたことがあったんですよね。

電球丸出し!
電球丸出し!

 天井にHueをつけているのですが、電球部分が丸出しなんですね。

 電球部分が丸出しだと、まんべんなく周りが照らし出されて部屋は明るくなるのですが、するどい光が目に入ってきやすいし、暗くすると今度は陰影が付かなくなって格好良くならないんですよね。

 これを解決するにはフードでHueがしっかり隠れるスポットライトに変えることなんですが、案外フード部分がどれぐらいならばちゃんと隠れるかの情報がなくて困っていたんですよね。

 ところが、最近久しぶりに探したらAmazonでいいのが見つかりました。

 質問のところをみてもらうとPhilips Hueの11cmの高さがある電球もちょうど隠れると書いてある!

おおーちょうどいい
おおーちょうどいい

 さっそくAmazonで購入。Hueを挿してみるとこんな感じ。ちょうどいい。

 直径もちょうどいい。これより小さかったら指が入らなくて電球回せなかったな。

完全に隠れてる!
完全に隠れてる!

 横から見てもシェードからはみ出してない! パーフェクト!

光が目に入らない!
光が目に入らない!

 元の器具を外して入れ替えた。写真ではあまり光を強くしていないのでわかりづらいけど、冒頭の写真を見てもらうと前方に光が集中していい感じの陰影が出ているのがわかる。

 光源が目に入らないように光の向きも出来るだけ天井に向けています。

イメージ通り、良かったー。

新たな仕掛け
新たな仕掛け

 今回、他にも新たな仕掛けを入れてみました。

 以前にクリップライトを買ってそれにHue差し込んで観葉植物を照らすようにしていました。

Philips Hueをクリップライトにつけてみた | A-tak-dot-com

Philips Hueを今度はクリップライトにつけてみました。ドラマチックにするには光を広げすぎない  間接照明は陰影がつかないと綺麗じゃない。

 観葉植物の前から電球色で照らしていたのですが、今回観葉植物の裏側から「緑色」の光で照らしてみました。

 観葉植物の緑が壁に映ったような面白い効果が出た😀

隠し電球
隠し電球

 こんな感じで観葉植物の中から照らしている。

いい感じになってきたぞ
いい感じになってきたぞ

 照明はかなり満足な出来に仕上がりました。

 間接照明は光源が見えないように隠して強めの光を壁に当てて部屋を照らすというのがよいみたいですね。

この記事を書いた人: A-tak

A-tak.com(えいたっく どっとこむ)の管理人。
Apple野郎なおっさんでしたが、ちょっと最近のAppleには飽き気味。
A-tak.comは2002年2月から運営(前身のサイトは1999年3月から)。今年で18年目!

Twitter
Mastodon
Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください