カテゴリー
映画

ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔

ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔を観ました。

劇場公開時の「一作目は序章でしかなかった」というCMのナレーションに「ホントに序章でしかなかったな」とつっこんだ人はたくさんいただろう、というのはさておき、二作目の二つの塔を観ました。実はこれを観た次の日、映画館で「王の帰還」も観ているので、ちょっとごっちゃになってるかもしれませんが、感想をば。
二作目は一作目で火山見えていたはずなのに、なんか結構長いことまた旅をします。
今回は各地で大規模な戦闘が始まり、迫力のあるシーンが登場します。最近の映画とかすごい景観のシーンが現れてもCGなんだろうなとか、考えちゃっていまいち気分が盛り上がりませんが、この映画の場合それを超越してる感じですね。とてもリアルな世界観は本当にそう言う場所があるんじゃないかと思ってしまうほど。敵の強さもうまく描き分けられていて、雰囲気出してますね(三作目では、あれっ?て奴が一人いますけどね)
今回、ゴラムが結構しつこく出てきて、従者のサムも出番が多いです。三作目になるとさらにこの二人は目立ってくるのですが、それはまた別のエントリーで。

この記事を書いた人: A-tak

A-tak.com(えいたっく どっとこむ)の管理人。
Apple野郎なおっさんでしたが、ちょっと最近のAppleには飽き気味。
A-tak.comは2002年2月から運営(前身のサイトは1999年3月から)。今年で18年目!

Twitter
Mastodon
Facebook

コメントは受け付けていません。