カテゴリー
Apple

iPodきましたよ

ipod01.jpg
iPodゲットしました。
いいですね。思ったより小さいんですね。MDウォークマンほど小さくはないけど、カセットのウォークマンぐらいですかね。片手でつかむのにはちょうどいい感じです。しかし、重さは結構あるので胸ポケットに入れると、シャツがよじれます。まぁおもちゃみたいに軽いよりはありがたみがあるかも(笑)

さすが、評判が高いだけあります。所々に「おおっ」と思わせるところがあります。まず、驚いたのが「クリックホイール」。ノートパソコンのタッチパッドと同じような仕組みですが、指で円を描くようになぞってメニューや曲を選んだり、再生中は音量を調整するのです。これがなかなかスムーズな動きで気持ちいいですね。回しすぎてメニュー通り過ぎることはよくありますけどね。
そして、バックライトはパッとつくわけではなく、じわーっと明るくなって、時間が経つとじわーっと消えていきます。かっこいい(笑)
デザインもシンプルでいいですね。裏面はメッキでピカピカしてます。指紋がべたべた付いちゃうのはご愛敬。
アップルストアのパーソナライズサービスで文字も入れてもらいました。いい感じだ(笑)
ipod02.jpg
外箱ですらかっこいい。アップルのこだわりですかね。
ipod03.jpg
持ってる曲すべてが入るほどの大容量はうれしい。40GBを買ったので10,000曲はいるとか。パソコンに入っている900曲ぐらいを転送してもまだ33GBも残っています。いつになったら使い切れるかな。また、USB2.0だと転送も早い。一曲一秒ぐらい(?)で曲の転送も楽々。充電もしてくれるし便利なもんだ。
これだけ曲があるとシャッフルプレイも楽しい。CDのシャッフルはたかだか10数曲の中からランダムだから先が読めますが、1000曲近くあると次に何がくるか全然わからない。最近聴いてなかったけど、改めて聴いてみるといい曲だったりという発見があったり、同じジャンルの曲が続けてかかったりすると、「ナイスiPod」とかほめてやりたくなります(笑)DJが勝手に曲をかけてくれてるような、そんな感じです。
ただし、ひとつ気になったのはパソコンにiPodをつなげたときです。なんかiTunesが起動するまでに結構時間がかかります。USB1.0だと一分以上待たされるような・・・。何をやってるのでしょうね。なぜかタスクバーも全然操作できない状態になっちゃうし。パソコンがおかしいのか、もしかすると設定でどうにかなるのかもしれませんが。([2004.9.16追記]USB2.0ではこんなことはおきませんでした。10秒ぐらいは待たされますけど、タスクバーが操作できなくなるようなことはないです)
40GBにはDockもついてきます(20GBには付属しない)。デジカメなんかではクレードルとかいったりする、ガチャっと差し込むと充電してくれたりするやつです。あと充電用のアダプタとFireWireとUSBのケーブルがついてました。
部屋のアンプにもつなげたかったので、Dockをアンプの近くに置いて(DockにLINE OUTがついている)、FireWireケーブルで充電アダプタとDockをつなげました(アダプタはコンセント部分のみの構造で、Dockとの接続にはFireWireケーブルを使います)。USBの方はメインマシンに接続です。
これで、部屋でも音楽が聴けるし、パソコンとの接続はUSBケーブルをiPodに直差し込み。いちいちDockつなぎ変えるのは面倒ですしね。
一つ問題があったのが、うちのケーブルがおかしいのかDockからアンプにつなげると音が悪い。Dockの接続部分をいじるとザーザー言うので接触悪いだけかもしれないけど。元々あまりよくないやつなんで。今度いいのを探して試してみます。
あとは愛車のアテンザのコンポとつなげられれば、何百連奏チェンジャーをつけているようなもので、是非やりたいけど、FMトランスミッターをつけるか、走行中にテレビを視聴可能にするという改造の時にお世話になったここを参考に手を加えて外部入力端子を作るかしないといけないのですね。FMでとばすよりは外部入力の方が音はいいはずだから、いずれ暇になったら試してみようかと思ってます。
今までウォークマンすら一度も持ったことなかった私ですから、音楽を携帯するというのは初めてだったりします。音楽のある生活ってのはいいもんですね。

この記事を書いた人: A-tak

A-tak.com(えいたっく どっとこむ)の管理人。
Apple野郎なおっさんでしたが、ちょっと最近のAppleには飽き気味。
A-tak.comは2002年2月から運営(前身のサイトは1999年3月から)。今年で18年目!

Twitter
Mastodon
Facebook

コメントは受け付けていません。