カテゴリー
iPad iPhone 雑記

iPhoneやiPadを使うとコンテンツ消費側に偏る

どうもiPhoneやiPadを使っているとコンテンツ消費側に偏ってしまい、アウトプットが減ってしまうような気がする。

(写真はまったくエントリーと関係なしのiMac 27インチ向けの壁紙@鎌倉 七里ヶ浜)

そもそもモバイルデバイスは、根詰めてコンテンツ作るのにはあまり向いていないとは思うのだけど、モバイルデバイスばかり使う機会が増えちゃうと、自然とコンテンツ作成に割いている時間が減ってしまい、アウトプットが減ってしまうんじゃないかなぁと最近思った。

最近の自分の生活を見てると、本当にそんな感じ。
iPhoneやiPadってのはコンテンツの消費(閲覧)が快適にできるように作ってあり、楽で、暇があれば、ついつい触ってしまう。
特に家の中でのiPadというのは危険で、iPhoneだと「画面小さくて、見づらくて、あー疲れた、やーめた」になるんだけど、iPadだと快適に閲覧できるので、延々と触ってしまう。

でも、文字入力とかは、やっぱり面倒だから、あまり能動的に調べるのには使わない。あくまで、RSSとかから流れてくる情報をぽちぽちみたり、たどった先のサイトのおすすめ記事を順繰りたどっていったりと、かなり受け身。

「コンピューターばかりやってると、人間として駄目になる!」とか極端すぎて、わけのわからない事は言わないけど、なんとなく、それに近いモノを感じてしまった。

たぶん、インプットとアウトプットのバランスが崩れているのだと思う。
iPhoneやiPadで、簡単に楽して高速に情報を詰め込んでいくのは悪くはないけど、それを自分なりに考えてブログに書いてみるとか、試しにやってみるとか、アウトプットすることにも時間を割かないと、なんか、ただ無意味に詰め込むことに時間を浪費しているような気がしてしまう。
今後は、もうちょっとインとアウトのバランス考えてやってこうかと思った次第。

さて、思ったんだけど、割とこれって他の人も似たような状況に、はまったりしてるんじゃなかろうか。
むしろ、何かを作り出すことにあまり興味がない世間一般の人ってみんなこんな感じなんじゃなかろうか。

ということは、コンテンツ提供側から考えると、消費しやすい(閲覧しやすい)コンテンツにこだわって、おすすめ記事とかもがんがん出しちゃって、黙ってても勝手に受動的にコンテンツをみることができるようにして、「愚民どもめ、わしから与えられた情報を黙って見ていればいいのじゃ、どんどん堕落していくのだ、グハハハハ!」みたいなのが、受けいれられるコツなのかも。
いや、あたりまえなんだろうけど。

周りを見てみると、docomoもiコンシェルジュとか言って、羊が勝手に情報教えてくれるし、iPhoneもプッシュ通知が強化されてきてるし、なるほどねという感じ。

Twitterはどうなんでしょう。
これも結構、受け身だよね。
タイムライン眺めてると、これもまた結構時間を浪費する所も危険。

RSSを流し読みしてるのと違って、自分がつぶやけばアウトプットもできるのが、ちょっといいけど、割と(自分も含めて)みんな、どうでもいいこと(笑)をつぶやいているので、無駄が多くて、あまり為にはならないような気がしてる。
基本は娯楽なので仕方ない。
たぶん、ふぁぼったーとかだけチェックした方が効率いいんだろうな。
というか、私はTwitterに何をもとめているのだ?(笑)

いや、もう、なんか止めどもなく思いついたこと書いてしまったから、結局なんなの?という感じなのですが、書きたかったのは、iPhone、iPadばっか触ってると無駄に時間すぎちゃうよって、言い聞かせたかったのです。自分に(笑)

こんなこというと、おまえのiPadは俺がもらってやるとか言う人が出てくるけど、あげないので堕落したい人は自分で買ってください。

この記事を書いた人: A-tak

A-tak.com(えいたっく どっとこむ)の管理人。
Apple野郎なおっさんでしたが、ちょっと最近のAppleには飽き気味。
A-tak.comは2002年2月から運営(前身のサイトは1999年3月から)。今年で18年目!

Twitter
Mastodon
Facebook

「iPhoneやiPadを使うとコンテンツ消費側に偏る」への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください