カテゴリー
iPhone

たくさん充電できるCheero Power Plus 2を買った

おしゃれさん

 ブログ界隈で話題になっていたcheero Power Plus 2を買いました。

これはなに?

 

Power Plus2はiPhoneなどを充電できるモバイルバッテリーです。

iPhoneやらスマートフォンは、なにかの拍子にバッテリーをやたらと食いまくる状態になって、電池ゼロになっている場合があるので、その保険ですね。

デザインがアップル製品とマッチする

iPhone用のケーブルはついてないよ

外観はシルバーでアップル製品とマッチしますね。

付属品はPower Plus2充電用のUSBケーブルのみなので、コンセントから充電するときは別途USBとコンセントの変換アダプタが必要です。

値段が2,880円とお手頃価格なのは、こういうところから来ているのかな?

サイズ

iPhone4Sと並べてみました。

 上からみたよ

上から見るとiPhone 4Sの方が少し縦は長い。1cmぐらい?
幅はPower Plus 2の方が1-2cmぐらい広い感じ。 

横から見たよ

厚みはiPhone4Sの倍ぐらいでしょうか。

重さは290gで、手で持つとなかなかずっしりくる。

値段が手頃でiPhoneを5回フル充電できる

今までは単三エネループを使って充電するタイプのモバイルバッテリーを使っていたのですが、電池二本でもiPhone 4Sのフル充電が一回も終わらず、結局4本も電池持ち歩いていたので、結構邪魔でした。

Power Plus2はスペック上はiPhoneを5回フル充電できるとのこと。
iPhone4Sなのか、iPhone5なのか、それともiPhone3GSで5回なのかは、見てもわかりませんでしたが、エネループよりは期待できるでしょう。 

調子に乗ってiPhone使いすぎたり、車は車内で充電できるからいいとして、電車で遠出したりすると電池が足りなくなるので、5回充電は嬉しいですね。

iPad三世代目にも使えた

第三世代のiPadにも充電できました。
iPadの電池は長持ちするので切れるというのは、そうそうないのですが、結構iPadは充電機によっては電力不足(?)で充電が開始されないので、対応しているのは嬉しいところ。 

PS Vitaはやっぱり充電できなかった。なんでこいつはこんなに特殊なのか。

二つ同時充電OK〜LEDライトのおまけ機能も

青白く光るアレ

差し込み口はこんな感じ。

写真で言うと左側面に電源ボタンがついていて、押すと給電開始され、数秒間三本のブルーLEDでPower Plusのバッテリー状況が表示されます。

右に二つある差し込み口が給電ポートで、片方は5V 2.1AでiPadの高速充電ができるとのこと。
両方同時に使って二つの機器の充電も出来ました(iPhoneとAQUOSフォンで確認)。

おまけ機能として、 電源ボタンを二回押すと左端の白色LEDが点灯してライトの代わりになります。

なぜか、最近こういうの多いよね(笑)

これで安心して遠出できる

見知らぬ土地でのGoogleマップは手放せないし、使いすぎると電池がなくなるし、ということで遠出するときにはiPhone必須なんだけどバッテリーの心配がありました。

Power Plusをカバンに入れておけば、とりあえずは充電の心配は無くなるかなと思います。
これはありがたいなぁ。

[追記]

iPhoneと同時にAQUOSフォンも充電したけど確かに残量のLEDが一つも減りませんでした。iPhoneは30%まで減ってたところを充電した。本当に5回充電できそうですね。
 

 

 

この記事を書いた人: A-tak

A-tak.com(えいたっく どっとこむ)の管理人。
Apple野郎なおっさんでしたが、ちょっと最近のAppleには飽き気味。
A-tak.comは2002年2月から運営(前身のサイトは1999年3月から)。今年で18年目!

Twitter
Mastodon
Facebook

「たくさん充電できるCheero Power Plus 2を買った」への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください