カテゴリー
動画

Youtubeに動画を上げ始めて気づいたこと

Youtubeに動画を上げ始めて一ヶ月ちょい。いろいろ気づきがあったので話しておきたいと思います。

検索流入が意外と多かった

Youtubeには動画投稿者向けのYoutube Studioというページやアプリがあります。ここをみると自分の動画にどうやってたどり着いた人が多いかがわかります。

ここを見てみると大半がYoutube内の検索から飛んできているんですね。

よくよく考えれば私のチャンネルはほとんど登録者もないので当たり前と言えば当たり前なのですが、Youtubeは何かを調べるモノに使うという感覚が無かったので、最初は驚きました。

最近は、Googleで検索してもYoutube動画は上位に出てきますし、かなり目立つ表示のされ方をしてます。

何か情報を集めるのにYoutubeを使うという人は案外多いのかもしれません。

もっと検索に引っかかるように概要やタグをちゃんとしようと思いました。

良い情報がYoutubeに集まってきている

動画をYoutubに上げ始めてから、自分自身もYoutubeをよく使うようになったので気づいたのですが、Youtubeには質の良いコンテンツが集まってきているように思います。

以前はGoogleで検索してYoutubeの動画が結果に出てきても見る事はほとんど無かったのですが、最近は良い情報かもしれないという「期待感」があるのでどんどんみています。

やはり収益化の仕組みがあったり、競争が激しかったりと良いコンテンツを作る環境ができあがっているのかもしれないですね。

こういうのもあってさっき書いた調べ物にYoutubeを使う人が増えてるのかもしれません。

今後は5Gなんかも始まって、通信料金も下がってくれば通勤とかの移動中でも気軽に動画見て情報を得ようとする人がもっと増えるかもしれませんね。

ブログの手応えがなくなってきた

ここ1-2年でこのサイトのアクセス数はかなり落ちてきています。Googleの検索アルゴリズムの変更のせいかな、と深く気にしていなかったのですが、もしかしたら最近はみんなWebではなくYoutubeをみるようになったからなのか?と思いました。特に根拠はないですけど。

なんやかんやでアクセス数が少なくなると、ややモチベーションも上がりづらく、それもあって動画コンテンツをつくってみようかなと思った所もあります。

今の時代はブログでは無く動画コンテンツなのかもしれません。

まぁ、チャンネル登録数1,000人なんて先の先なので収益化はいつできるかわかりませんけどね😓

動画コンテンツ作成は大変

ブログと比べると動画作成は掛かる手間が半端ないですね。慣れの問題もあるかもしれませんが、一本作るのもかなり大変です。普通に4-5時間掛かったりします。

ブログなら文字とあとは写真用意すれば済みますけど、動画コンテンツは映像に音声もつけないといけない。

確認も大変。文章だと見直すのは1回数分ですが、動画だと10分の動画を通しで確認すると10分かかりますからね。何度も見直したらそれだけで膨大な時間が…。

もし、動画を書き出した後に間違いに気づいたら、長時間の書き出しをやり直さないといけないので余計に時間かかります。

音声大事

音は大事ですね。声が聞き取りづらかったら見る気なくすので。いろいろ試行錯誤してみましたが、どうもうちの装備で一番綺麗に音が録れるのは、ピンマイクをMacのイヤホンジャックに挿して音声別録りする方法みたいです。ミラーレス一眼にピンマイク挿すとノイズがかなり乗るみたい。

統合的なコンテンツ作成スキルがいる

ブログだけなら文章とせいぜい写真だけですけど、動画コンテンツはさらに映像と音とかも追加されますから、必要なスキルが多い。「間」のような時間軸的な考慮もしないといけないし。

やっぱテレビの人とかすげーなと改めて思う。

「いいね」はなかなかもらえない

自分自身は結構「いいね」を押しまくる人なので、もっと「いいね」貰えるかと思っていたんですが、なかなか貰えません。

ぶっちゃけると動画を上げ始めて、もらった「いいね」は今の所1つだけです😆

視聴時間とかを見てると、一応見て貰えてるみたいなんですけどね。

「いいね」は貰えてませんが、やはりわかりやすいように、説明工夫したり、テロップ入れたり、テンポが良くなるようにカット編集しまくっている動画は、長時間見て貰えてるようです。わかりやすさ大事。

あとは問題解決系動画。ブログと一緒で同じ事で困っている人がいるかもしれない、それに対しての解決策を示してみようとやってる動画は割と見て貰えている。

あと、そもそもスマホやタブレットからテレビにYoutube映像飛ばして観ていると「いいね」を押しづらい。正直自分も相当めんどくさいと思いながら、Chromecastに映像飛ばしているiPadのロックを解除して、画面をいろいろ触って動画の画面にやっと行き着いて「いいね」を押してる。

わざわざ「いいね」を押させる程の心を動かすコンテンツを作るとなると、なかなか大変。しばらくは視聴時間に注目して頑張ろうかなと思った。

作成者に文句が直接届くテレビ

最近、上げ始めた動画じゃないのだけど、過去の動画で検索にひっかかりやすいのか、自分のあげている動画の中ではそれなりに再生数が上がっている動画がある(といっても数千よ)。

まあ、かなり適当に撮った動画なので質は悪いというのはあるのだけど、なかなかコメントが辛辣😆

なんというか、テレビ観ながら出てる人とか、その番組作った人とかに独り言のように文句言ったりすることあると思うけど、それをコメント欄でやられる感じ😓

基本的に質の悪さに対するコメントで、こっちも大して力入れて作った動画では無かったので、そこまで気にならなかったのですが、これが本人はスゲー頑張ってるつもりの動画だったり、図星だったりしたら傷つくだろうなーと思いました。

作った人にそのまま届いているという感覚があまりないのかなと、最近の芸能人の自殺報道を思い浮かべたりしました。

まぁ、何もコメントがないより良いと私は思ってますけどね。

最近上げた動画の紹介

ついでなので最近上げた動画をここでも紹介してみます。

7本目。

前の動画でかったSDカードリーダーの顛末。結局MacでType-Cが使えなかったというオチ…。

8本目。

Switchbotカーテンというカーテン開閉を自動化するIoTグッズ。

途中、一眼レフで撮った写真も織り交ぜながら説明してみた。

毎日使ってますが、超便利。

9本目。

このあたり撮影と公開が前後している。これ編集する前にスイッチボットが届いて面白かったのでそっちを先にあげている。

これイマイチ動画の照明というテーマに沿ってなくて、あとで微妙だなと気づいた。

最近、インテリア関係の動画見るの多くて、動画とは関係なしに部屋の照明をもう少しいじってみたくなってきている。

Youtubeをよく使うようになって他の人の動画もよく見るようになって、いろいろと興味の幅が広がったり、興味の熱が引いていたような事も、また熱が甦ってきたりして楽しい。

10本目。

これもモノはだいぶ前に届いて撮影もしていたけど、あとで見ると音声がイマイチだったので、初のアフレコに挑戦している。

はじめてMacにピンマイク直接繋げてみたら、音がかなり綺麗に録れたので今後もMac直付け作戦で行こうと思った。

なので、音声の質がすごいバラバラだし、後で映像も追加で撮ったりしているので、着ている服も最初と最後で違ったりつぎはぎだらけな感じ。

いろいろと初の試みをいろいろやっているので、実はかなり時間が掛かっている動画。

動画撮影初めて物欲が増す

まぁ、新しいことをやり始めるといろいろ買うのは、当たり前ですけど、いろいろ買い足していってますね。実はまだまだありますので、随時動画にあげていこうと思います。

この記事を書いた人: A-tak

A-tak.com(えいたっく どっとこむ)の管理人。
Apple野郎なおっさんでしたが、ちょっと最近のAppleには飽き気味。
A-tak.comは2002年2月から運営(前身のサイトは1999年3月から)。今年で18年目!

Youtube / Twitter / Mastodon / Facebook