カテゴリー
Apple iPad

iPad2から新しいiPadに買い換えたけどいろいろ勘違いしてた

最近、無駄遣いが激しいA-takです。こんにちは。
今日の無駄遣いは三代目iPadです。

iPad歴

まずは自分の環境ですが、iPhone4SとiPad2を既に使っています。

その前はiPhone3GSとiPad初代を使っていました。

iPadに至っては、初回は勢いで買ったら、案外、ノートPCの代替としてはまってしまい、iOSにマルチタスクが実装されてからはメモリ不足とスピード不足になってきたためiPad2に乗り換え、iPhoneもRetinaディスプレーの4Sに乗り換えて、今回iPadもレティナになったというわけです。

嗚呼勘違い

このRetinaディスプレイ、2048*1536ピクセルという、そこらへんのPCよりよっぽど凄い解像度をもっている。ハイビジョンですら1920*1080、27インチのiMacでも2560*1440で画面に入りきらない。

これだけの解像度があったら、PCなんかだとウィンドウたくさん開いて広い作業スペースで効率よく仕事できますよ。

「これはPC超えてるな、すごいことができるかも!」

なんて思って購入に踏み切ったのですが、ちょっと私勘違いしてました。

iOSデバイスの解像度アップって、PCとは違って一度に見渡せる情報量を増やすのでは無くて、ただ単に画面を綺麗に見せるためだけにアップしてるんですよね。

たしかに、Webや本や新聞を読むアプリだと拡大しなくても読めるので見渡せる情報量は増えていますが、同時に立ち上がるアプリは一つ、UIはiPad2以前のものと同じになっています。

スペックではPC以上の解像度をもったとしても、iPadはiPadでしかなくPCの代わりになるような革新的な変化は得られないんですね。

「でも、CPUはA5Xという新しいのがのってるから、処理早くなっているはず!」

と思っていたのですが、どうもグラフィックを担当するGPUはデュアルコアからクアッドコアになっているのですが、CPUの性能はどうやら上がっていないどころか、誤差かもしれませんが遅くなっているらしいです。

http://ggsoku.com/2012/03/ipad-3rd-benchmark

解像度が4倍になっているので、当然GPUは強化されるとして、CPUにもある程度負担はかかるんじゃないかと思うのですが、まさかの強化なし。もしかすると体感でiPad2より重くなるアプリもあるかもしれないのではとちょっと不安です。
ただ、メモリが今回512MBから1GBにアップしているので、それでバランスとっている気はしますが、実際の所どうなんでしょうね。

iPad2ユーザーは買うべきか?

これ、すごく難しい。

正直、iPhone4以降のRetinaディスプレーに見慣れていると、iPadのレティナ化は割と感動少ないです。

見た瞬間「あんま、かわらんな」と思っちゃいましたもん。

でも、iPad2と改めて見比べると、確実に綺麗になっている。iPhone4のRetinaディスプレーが綺麗すぎなんですね。

だから、iPhone4以降のユーザーは今回のNew iPadを買っても、今回の一番ウリのレティナがふーんで終わっちゃうかも。

ただですね、PC用のWebページを拡大なしでも普通に読めるのは非常に良い。

iPad2だとやはり、画面をダブルタップして拡大して必ずWebは見てましたけど、三世代目のiPadだとそれは必要ないですね。

これは、iPadでちょくちょく調べ物している自分としてはかなり嬉しい。

スキャンした本やPDFが綺麗に見えるのもかなり嬉しい。特にPDFはうつくしい。

いままでは、ルビはほとんどつぶれてたけど、三世代目だと紙に印刷してあるかのような鮮明さなので、何不自由なく読める。

iOSデバイスの解像度アップの目的は見た目の為だけなので、人間が認識できる限界まで解像度が上がっている今以上解像度が上がることはないでしょう。

そういう意味では、今三世代目を買っても「次のモデルでまた解像度上がってるよ、待てば良かった」、なんてことにはならないと思います。

あと、iPad2の64GBだと今なら3万ぐらいで売れる。三代目の64GBが?58,800だから手出し、3万ぐらいでレティナの恩恵を受けられるのを高いと思うか安いと思うかは、もう個人の価値観のレベルかなと思います。

↓iPadでWeb表示。でかいっす。

↓スキャンした書類レティナ対応前アプリ

↓スキャンした書類レティナ対応後アプリ

三世代目には弱点がある

ただ、これがあるので、本当にiPad2ユーザーにとっては三世代目は微妙な感じになってきます。

やっぱり、重量ですね。片手で持つと明らかに重くなってます。これは解像度とは違って、次のモデルあたりでもう少し軽くなりそうな気がするんですよね。

どっちにしろiPad2も700gで、片手でずっと持ち続ける重さでは無いので、気にしなくてもいいのかもしれないですけどね。

あと、iPad2と違って、ほんのり本体が暖かくなります。夏場、膝に乗せて使うと気になるかもしれません。

結局の所

重くてもレティナ欲しいやと言う人はiPad2からでも買い換えればいいんじゃないでしょうか。

逆に、iPadで本読まなかったり、Web使わずにReederあたりでRSSしか読んでませんと言う人は、あまり恩恵は得られないと思います。

三世代目iPadを買うなら容量は大きめがいいのか?

しっかり検証はしてないのですが、iTunesで写真同期させるとiPad2の時より写真がしめる容量が大きくなってました。

具体的には、13,000枚ぐらいで、iPad2で10.9GBぐらいの容量だったものが、三世代目iPadだと12.0GBになりました。

昔のiPodとの同期とかだと、iPodの画面サイズに合うように縮小されていたのですが、iPadも似たことをやってるんですかね?

iPad2と三世代目で見比べましたが、データの解像度に差があるようには見えなかったのですが・・・

今、同期したら今度は17.3GBになっちゃいました。

ここ数年分の写真は、一眼で幅4000ピクセルの画像撮っているので、その分がiPad2の時よりも大きめのサイズに最適化されているのならば、わからないでもない数値ではありますね。

導入でちょこっとトラブった

途中、なぜか容量不足で同期できなくなったりしたので、いろいろ調べてみた。

iCloudへのバックアップ設定の中にアプリ毎に使用しているデータをバックアップするか指定する画面があるんだけど、ここでアプリが使用しているデータ容量を確認できる画面がある。

ここでみるとInstapaperのアプリがなぜか560MBも容量を食っていた。なにか、おかしくなっていたのか、キャッシュした記事の中にやたらとでかいものがあったのかわからないが、読まないだろう記事をガンガン削除したら50MBぐらいになった。

そんな感じです

正直期待に胸ふくらませすぎてしまった感がありましたが、私は、まぁ、大絶賛とはまではいかないですけど、それなりに満足してますよ。

ただ、iPad2がホワイトだったので、今回ブラックにすれば良かったというのは少し後悔しています(笑)

(全然見た目変わらなくて、新しいもの買った気がしない)

この記事を書いた人: A-tak

A-tak.com(えいたっく どっとこむ)の管理人。
Apple野郎なおっさんでしたが、ちょっと最近のAppleには飽き気味。
A-tak.comは2002年2月から運営(前身のサイトは1999年3月から)。今年で18年目!

Twitter
Mastodon
Facebook

コメントは受け付けていません。