カテゴリー
Apple

Apple Storeで万引きと間違われそうなEasy Payで買い物してみた

Easy Pay

 アップルストアで、「え、これで持って帰っていいの?」って感じのEasy Pay使って買い物してきたよ。

 Easy Payってのは、アップルストアで買い物するときの支払い方法の一つなのですが、オンラインで支払いまで済ませて、勝手に商品持って帰るという画期的な方法です。

 やり方は本当に簡単。iPhoneでApple Storeアプリ起動してEasy Payのボタンを押します。今、自宅でアプリ起動したのですが、ボタンが見つかりませんでした。どうやら、位置情報使って、実際にアップルストアに近くにいないとボタンがでてこないようになっているみたいですね。

 あとはカメラが起動するので、棚に並んでいる商品を手にとって、バーコードをスキャン。

20131106easy pay02

こんな感じでiPhoneに画面が出てくるので、今すぐ購入を押してApple IDのパスワードを入れる。App Storeでアプリを買うような感じですぐに決済完了する。

初回だからかクレジットカードのセキュリティーコードを聞かれたので、財布から結局クレジットカード出しましたけどね。

20131106easy pay03 9

レシートも出てくる。挙動不審になって店員さんに呼び止められても安心だね(笑)

 あとは、このまま商品を持って帰って良し。

 これは楽。並ばなくていいのが良い。Apple Store人多いから。たぶん、アプリをiPhoneから探して決済するまで一分ぐらいしかかかってないんじゃないかな。

 ただ、これそのまま本当に店を出ていいのか心配になったので、念のためにお姉さんに確認するも、さも当然のように「いいですよ」と言われた。

 「袋いりますか?」と聞かれたので、「一応」って答えたら、「やっぱり、そうですよね」って言ってた。たぶん、心の中では、この仕組み微妙だよなって思ってるんだろうな(笑)

 これ棚から取った商品を自分のバッグにいきなり入れるのは、抵抗ありますね。店員は知っていても、周りの他の客が知らなければ、完全に万引きに見られますもん。やっぱ、店員の手を煩わせて袋もらっちゃうかも。一声店員にレシート見せて「Easy Payで買ったんで持って帰りますねー」と声かけるといいかな。慣れると、ほんと楽な仕組みだと思いますね。

 たぶん、そうだろうなとは思っていたのですが、この仕組みで買い物すると店員さんが持っているiPhoneに買い物した履歴が流れてくるみたいですね。

【やってみた】究極の決済方法 アップルストアのEasy Pay | Leonis & Co.

 何を買ったかも出ているでしょうから、たぶんカバンに商品を入れようとしている人を見かけたら、iPhoneで購入があったかチェックするんでしょうね。

 さらにさらに…

米Apple StoreのEasyPayで万引きができない理由 : Apple Products Fan

 アメリカのアップルストアの話なので日本でも導入されているかは不明ですが、RFIDできっちり管理しているみたいですね。



この記事を書いた人: A-tak

A-tak.com(えいたっく どっとこむ)の管理人。
Apple野郎なおっさんでしたが、ちょっと最近のAppleには飽き気味。
A-tak.comは2002年2月から運営(前身のサイトは1999年3月から)。今年で18年目!

Youtube / Twitter / Mastodon / Facebook

コメントは受け付けていません。